無料ブログはココログ

« ウォークマン NW-A35(Part4) | トップページ | あけましておめでとうございます »

2016-12-18

「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」を観てきました

今回は極力前情報を仕入れ無いようにしました。

なので、事前に知っていたのは EPISODE Ⅳ の直前、デススターの設計図を手に入れるお話ということだけでした。
あ、あと、フォースを使う人は出てこ ないってのも知ってたかな?
でも、フォースの使い手が居なかったからこそ EPISODE Ⅳ が NEW HOPE なわけで当然といえば当然ですね。

ネタバレは避けたいのでざっくりした感想になりますが、ストーリーは良かったです。

タイトルの「ローグ・ワン」は劇中で主人公たちが反乱軍の決定すら無視して出撃する際に適当に付けた部隊名(意味は「一番のならずもの」な感じでしょうか?)なのですが、そのときは「えーそんなのがタイトルになんのかよ」と思っていましたが、後のシリーズに出てくる「ローグ中隊」に連なる最初の部隊ということだったんですね。
深いです。

ちょっと残念だったのは上映時間が長かったことでしょうか。

このストーリーは、なぜデススターはあんなに壊れやすかったのかの説明にもなっているのですが、前半部分はその整合性を持たせるためのドラマと言えます。
見終わったあとは、ああなるほどねって思えるのですが、観ているときはなんて退屈な展開なんだろうと思っていました。

驚いたのはターキンとレイアです。
CGだったんでしょうか?違和感は全く無かったですが・・・

今回はTOHOシネマズで4DMXで観たのですが、もう二度と4DMXでは観ません。
ストーリーに集中できないし。

« ウォークマン NW-A35(Part4) | トップページ | あけましておめでとうございます »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ウォークマン NW-A35(Part4) | トップページ | あけましておめでとうございます »

最近のトラックバック

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28