無料ブログはココログ

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012-03-25

小さな鏡を一つ買って微笑む練習をしてみよう

「ファミリー劇場」でエウレカセブン一挙放送をやっていた。

4月の新番組「エウレカセブンAO」の放送開始記念ということらしい。
TVを付けたら47話だったので、先日友人にもらった酒でも飲みながら最終回まで見ることにした。

いやー、48話「バレエ・メカニック」は何度見てもいいねぇ。
若干アネモネの顔が変なのを除けば、だけどw

Eureka

あ、あと、白くなったジエンドもスゴク好き。

ホットケーキ

ようやく"コツ"がつかめてきた気がする。

つまり、パッケージ写真のような厚みのあるホットケーキの焼き方である。

今回作ったのはこんな感じ。

Hotcake

結構イイ線いってると思うのだが、どうでしょうか?

で、そのコツなんだけど、

1.卵は事前にかき混ぜておき、出来ればカラザとかも取っておく。

2.使用する牛乳の量はパッケージの裏に書いてある量の85~90%くらいにする。

3.牛乳と卵は粉を入れる前にしっかり混ぜておく

4.粉を投入したあと余り混ぜすぎないこと。粉のままの部分が残ってなければ多少ダマになっていても問題ない。

5.フライパンは十分さます(といっても触れないくらいの熱さではあるんだけど)

6.牛乳少な目なので、固めの生地になっているはず。その生地を適量とってフライパンの中央にボテっと落とし、スプーン的なもので丸く形を整える。

7.弱火でじっくり焼く。パッケージには「表面にプツプツ泡が」なんて書いてあるけど固めの生地なので泡を期待してはいけない。何度か試して適切な焼き時間を身につける。たぶんこの「適切な焼き時間」ってのはフライパンと火力によって異なるため、経験によって求めるしか無いと思う。もしかするとベストな道具はほっとプレートかも知れない。

8.ヒックリ返したとき、ちょっとずれても直そうとしてはいけない。

こんな感じでしょうか?

でも、一番なのは、誰かと一緒に作ることかも知れません。最近作るホットケーキは娘や息子のおやつとして作ることが多いのですが、作ってる間、食べてる間、片付けてる間などの会話が楽しければ多少デキが悪くても美味しいものです。

2012-03-24

新しいキーボードとスピーカー

私はガジェットがが好きだheart

ということで、ロジの無線キーボード K750 と、Bluetoothスピーカー Z515 を買った。

Bluetootha

キーボードに関しては、今まで使っていたのがすでに購入後5~6年経過し、キートップが変色し、足が折れ、そもそも有線キーボードは取り回しが面倒ということで、ちょっと前から買う予定ではいたんだけど、色々あって先延ばしになっていた。


で、今回購入したこのK750というキーボード。

私のキーボード選択のポイントである「静粛性」と「標準的なキー配置」という条件を満たし、そこそこの値段で購入可能なものという条件で対象を絞り込んで行き、最後に「何か一つ面白い仕掛け」というフィルターで残ったのがこのK750だった。

K750の「何か一つ面白い仕掛け」は一見ソーラーパネルのように見えるがそうじゃ無い。大体無線キーボードなんて普通の電池駆動でも数ヶ月はもつ。そんな数ヶ月に一度の電池交換を煩わしいと思うようなら無線キーボードを買わずに有線キーボードを使う。

私にとってK750の「何か一つ面白い仕掛け」とは”Unifyingレシーバー対応”だった。「何をいまさら」というむきも多いだろうが、使って見たかったんだから仕方が無い。

マウスとレシーバーを共有できる。おかげでUSBポートが1個あいたので、何か一個、差し込めるな。WEBカメラでも買おうか(笑)


そして、Z515。

Bluetoothスピーカーもだいぶ前から欲しいものリストには入っていたんだけど、これも色々あって先延ばしになっていた。

「Bluetoothって便利だよね。とくにスマホをプレイヤーとしても使っている場合、Bluetoothヘッドセットケーブルが無いのでとても便利だ。」ただし、屋外に限る。

たとえば、ちょっとリラックスした体勢で読書しているときとか、ヘッドセットだとかえって気になる。だったら、スマホ内蔵のスピーカーで聞けばいいじゃんと思うけど、あのオマケ程度のスピーカーではやはり不満が残る。

そんなときにはBluetoothスピーカーの出番である。

いくつか試聴してみてこのZ515を選んだのだが、もちろん音質だけならもっと良いのがあるし、大きさだけならもっとコンパクトなのがあるし、価格だけならもっと安いのもあるという中で、音質,サイズ,価格でバランスがとれていたのがこのZ515だったというわけだ。

特にサイズは重要で、「スマホやタブレットと一緒に持ち歩いても苦にならないサイズ」というのは基本命題であるように思える。

一つ難を言えば、全体的に丸いデザインで”座り”が悪いことかな?

ちなみに、娘のiPodNano(3G)にもコレ(下)を使えば聞くことが出来る。意外と便利。

Bluetoothb

相棒

相棒のシーズン10が先日最終回を迎えた。

今シーズンで、神戸君こと、及川みっちーが相棒卒業となるわけだけど、亀山君の時のような断絶感は感じないので、もしかしたらスペシャルとかで絡んだりするのかな?なんて思いますね。(卒業の理由は色々言われてますけどね)

シーズン11では誰が相棒になるんでしょうね?楽しみです。

恐らく、シーズン11のはじめは右京さん単独による展開があって、その後、新相棒登場、シーズンフィナーレで理解が成立みたいな展開になるんだとは、思いますが、ありきたりなのでひっ繰り返してくるかもしれません。

個人的には、なにかコミカルな展開(しかし、実は背後に巨悪)で、中園警視正との1話限りのコンビとかも見てみたいですね。

ま、早くても2012年秋なので、新しい相棒が誰なのかも含めて楽しみにしたいと思います。

Aibo


卒業おめでとうございます

というわけで、長男が小学校を卒業しました。

20120324a

いやー、感慨深い。あんなガキんちょがねぇ。もう中学生ですよ。

なんとなく、一仕事終えた感じ。

20120324b

↑は、今年、小学校が創立60周年だったそうで、その際にPTAで作った”創立60周年Tシャツ”の収益金で購入したという校旗の竿頭だそうです。

これで、我が家は小学校と縁がなくなるわけですが、実は一番喜んでいるのは、妻が「PTAガー」とか「打ち合わせガー」とか言ってイライラしなくなる私かもしれません。

20120324c

これは、卒業祝い&誕生日祝いで私の田舎から送られたチューリップ。

2012-03-17

昨日、仕事帰りにふと東京タワーを見上げると、理由はわかりませんが変な5色のライトアップになっていたので、偶然持ち合わせていたデジ一眼と三脚とレリーズで撮影してきました。なぜか普段は持ち歩いていない望遠レンズも持っていました。

時系列順にアップします。


(1)
20120316_184232

撮影場所は ココ
ここは場所がら、帰宅途中のOLやJKが多く、あまり長時間歩道にしゃがみこんで撮影するわけにもいかなかったのであまり良い画は撮れませんでした。


(2)
20120316_184806

撮影場所は ココ
都営大江戸線赤羽橋駅の赤羽橋口近くの首都高の高架下です。
東京タワーは写っていませんが、ここに写っている人の瞳には東京タワーが写っています(笑)。
普段は、多くても外国の方が数人、東京タワーを背景に撮影しているくらいなのですが、この日はなぜか小学生からかなり年配の方まで女性を中心にウジャウジャ居て、みんなコンデジやケータイで撮影しまくってました。


(3)
20120316_185847

撮影場所は ココ
一見ただの公園のように見えますが、実は東京タワーの有料駐車場「東京タワーパーキングセンター」の屋上です。ま、公園には違いありませんけどね。
ここも、普段だとカップルが一組いるかいないかってくらいの閑散とした公園なのですが、結構大勢の方が撮影してました。でも、最初の場所のように人通りがあるわけではないので落ち着いて撮影できました。
女性の後ろ頭が写り込んでいますが、気にしてはいけません。


(4)
20120316_191449

撮影場所は ココ
一気に東京タワー到着です。
途中の坂道でも大勢の方が撮影してましたが、私はあの坂道に三脚を立てて撮影している方の気が知れません。だって歩行者がウジャウジャいる歩道に三脚を設置するわけにもいかないし、だからといって車道に設置すると車が通るたびに移動させなければいけないし、そうじゃなくても私のような底意地の悪い奴がカメラの前にボーっと突っ立ってたり、なぜか高いカーボン製の三脚を選んで蹴躓いたりするからです。
ちなみに、このアングルですが、単色のライトアップの際には良いポジションなんですが、今回のように複数の色でライトアップされているときにはそれほどでもなかったですね。近すぎて、色が良くわかりません。


(5)
20120316_191917

撮影場所は ココ
やはり、東京タワーの直下から。
アーチ型の梁が直線になるポジションと角度を選んだのですがどうでしょうか?
恐らくこの画を撮れる場所は東京タワーに2箇所しか無いと思うのですが、だれもこの場所にいませんでした。


(6)
20120316_193217

撮影場所は ココ
これも東京タワーが直接写っているわけでは無いですが、愛宕ヒルズに東京タワーが反射して綺麗だったので撮影してみました。思ったほど綺麗に撮れなくて残念です。


(7)
20120316_194321

撮影場所は ココ
御成門のところにある公園。名前はわかりません。でも、通の間では「御成門のところにある公園」で通ってます(嘘)。
恐らくこの場所は都内で唯一、いや日本でただひとつ、いやいや世界に一つだけの、街灯が作り出すV字の真ん中にライトアップされた東京タワーがそこそこの大きさで見える場所です。そういう訳でここにも大勢の人が居ました。
ベストポジションは入り口のイチョウ(?)の木の周りで、周囲からちょっと高くなっているので人の頭が写りこんだりするのを気にせずに撮影できるのですが、案の定、頭の悪そうなカメラおたくがでかい三脚を立てて意地でも動かない感じだったので、別の場所で撮影しました。
負け惜しみではないですが、タワーを見てる女の子たちの後ろ姿がいい感じで、これはベスポジ組には撮影不可能なアングルだなと思いました。


(8)
20120316_200636

撮影場所は ココ
増上寺の境内です。
ここにも大勢の人が居ました。
増上寺と、東京タワーのコントラストが良いと思いました。ここでは設定を変えて何枚も撮ったのですが、そこの中のベストです。
色も結構良い感じに再現できていて、多分この日のベストではないでしょうか?


(9)
20120316_201650

(10)
20120316_202220

撮影場所は ヒ・ミ・ツ。
ま、地図を見れば場所は簡単に割り出せると思いますが、一応私のとっておきの場所ということで。
ここには誰もいませんでした。20分ほど居ましたが、生きている人は私しかいませんでした。
上の二枚の写真は、ほぼ同じ条件で撮影したもので、違うのはホワイトバランスだけです。なんとか一番下の青いライトの色が綺麗に出せないか色々設定を変えたのですが、こんなもんでした。
実際の色味は下の方が近いのですが、私は上の方が好きです。

ちなみに、場所がらか、変なものが映り込んだりします。

(11)
20120316_203125


(12)
20120316_204034

撮影場所は ココ
ここも、私のお気に入りの場所で、たびたび撮影に来ています。
残念なのは、「良い東京タワーの写真」にはなるけど、それ以上では無いということでしょうか。
特徴がないんですよね。魚眼レンズとか使えば面白い画が撮れるかもしれません。


(13)
20120316_205232

撮影場所は ココ
もう一度東京タワーに向いました。
もうかなり時間が経っていたのですが、まだかなり大勢の人が居ました。なぜでしょうか?


(14)
20120316_205251

撮影場所は ココ
最後に、歩きながらフルオートで撮影したものです。
思いがけず手前の桜の膨らんできたつぼみにフォーカスが合って、春めいた感じに撮れていました。


今年は桜の開花は遅めらしいですが、桜が咲いたらまたこのあたりに撮影に行こうと思っています。

2012-03-13

久しぶりにデュアルモニタ復活

20120312

やっぱ、デュアルモニタはイイ。なんかやる気が出てくる。

2012-03-12

3.11

東日本大震災によりお亡くなりになられた方々に謹んで哀悼の意を表しますとともに、被災された皆様に謹んでお見舞い申し上げます。 一刻も早い復興を心からお祈り申し上げます。


§


さて、最近ハマっている「パッケージ写真のように分厚いホットケーキ」ですが、今日チャレンジしたのはこんな感じになりました。

20120311a

かなりイイ線いってますよね?

作り方は、

  1. パッケージに書いてある「作り方」よりもちょっと固めの生地を作る。
    たとえば、牛乳140ccとか書いてあったら110cc~120ccくらいで作ります。

  2. 上で作った記事を1:4くらいに分けて、1の方を牛乳で薄めます。
    こちらはパッケージに書いてある「作り方」よりも薄めに作ります。
    そして片栗粉をティースプーンに1杯分ほど入れます。

  3. 上で作った薄いほうの生地をフライパンにさらっと薄く流して軽く焼きます。

  4. 表面に泡がぷつぷつ出来てきたら、上から固めの生地を流し込みます。
    はみ出しそうになったら生地のちょっと内側を引っ張る感じでキレイな円形を保ちます。

  5. 固めの生地のほうは余り泡が出来ないので、頃合を見計らってヒックリ返します。

  6. もう片面も焼いたら出来上がりです。

今回はちょっと目をはなしたすきにはみ出したりすて、イマイチキレイな円形になりませんでしたが、これでかなりイイ線いけます。

固めの生地だけでもなんとかなるかも知れませんが、きれいな円形にするのは結構難しいです。

あと、片栗粉を入れることによってパリっとした食感が出ます。パリっ感を強く出したい場合は再度ひっくり返してちょっと水分を飛ばすと良いと思います。


§


先日、息子のお土産に買ってきた脳みその形の氷が作れるシリコン型で、ゼリーを作ってみました。

結果的には上手く剥がれなくて残念な結果に。

20120311b

20120311c

やはり氷用ですね。

2012-03-07

たったひとつの冴えたやりかた

さて、先日来お伝えしているリポビタンDのビンのサイズと容量の問題の続報です。

この問題を解決するにはどうすればいいのか?

そう!

計ればいいんですよ。

それが「たったひとつの冴えたやりかた」です。てか、当然の帰結なんですけどね。

ということで、仕事帰りにメスシリンダーを買いに行ったのですが、100ml以上150mlくらいまで計れるメスシリンダーということになると、基本的に200ml用ということになるんですが、プラスチック製の安っぽいのでも1000円。ガラス製のちゃんとしたのだと2000円くらいすることが分かりました。

たかだか150円のリポDを計測するために1000円は出せないな。ということで、良くある計量カップに落ち着きました。それでも、いくつかある200ml用の中でも目盛りの細かいのを選んだりして気を遣ったのですよ。

§

さて、まず疑惑のリポビタンDの画像を提示しましょう。

20120307a

先日は、飲んだあとでサイズの違いに気が付いたのですが、今回は飲む前なのでビンのどこまでリポDが入っているのかが比較できます。

それがこちら。

20120307b

どう見ても左の方がたっぷり入っています。

ちなみに、左の大きい方が最寄の自販機で売ってる方で、右側がコンビニや駅の売店などで購入できる普通サイズのものです。

もしかして直径が違うのか?上げ底なのか?と思い底面を撮影してみました。

20120307c

精密に計ったわけじゃないけど、左の方がやや太い。ちょっと上げ底感はあるけどあのたっぷり感を説明できるほどでは無いと思います。

しかし、よく見ると、左の方に135の文字が!!もしや100mlなんて書いてあるけど実は135mlなんじゃねーの?自販機で買うほうが35mlオ・ト・ク!ってこと?

ということで、真打登場。

20120307d

さっそく計測してみます。

20120307e

どっちもだいたい同じくらい?

まず右側の普通サイズの方。

20120307f

概ね105mlくらい。
ま、消費税分くらいがおまけということでしょうか?

そして、大きい左側の方。

20120307g

なんと、こちらも105ml前後。

ビンが大きくて、上のほうまでたっぷり入っているように見えて実は同じ容量。
なんかちょっとがっかりですwww


妻と協議したのですが、自動販売機で売られる方は、自動販売機で扱いやすいサイズになっているのではないか?そして、ガラガラガシャーンと出てくるときに簡単に割れないよう、ビンが分厚く作られているのではないか?という結論に達しました。

つまり、どっちで買っても「おなじ」。

ちなみに、計測したあとのリポDはスタッフが美味しく頂きました。

20120307h


2012-03-06

リポビタンD

こないだの土曜・日曜とカゼで臥せっていたのだが、そのとき妻が買ってきてくれたリポビタンD。

一方は最寄の自販機で、もう一方は近所の生協で購入したらしいのだが、サイズが違う。

20120306a

しかし

20120306b

容量は一緒。

気付いたのは飲み終わった後だったので、本当に容量が一緒だったのかどうかの検証は出来なかった。

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

最近のトラックバック

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28