無料ブログはココログ

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011-02-14

ホワイトバレンタインデー

外は雪です。

20110214e

会社を出たときは雨だったのですが、京王線が地上に出たら雪になっていました。
そのまま降り続けて、もう5cm以上は積もっているでしょうね。どうやら明日の朝まで降り続くようです。

§

さて、今日、2月14日はバレンタインデーだったわけですが、今年も娘と妻からチョコをもらいました。

20110214f

これは娘からもらったもので、手作りチョコでした。
同じようなのを大量に作って学校で友チョコとして配るようです。

20110214a

これは妻が買ってくれたもので、太陽と地球と土星のチョコです。
街で見かけたときに「コレだっ」って思ったそうです。
ちなみにそれぞれの絵柄は手書きだそうです。
土星を食べてみましたが、外はホワイトチョコで、中はなんかふわふわのチョコレートでした。

§

さて、冒頭にも書きましたが、外は雪です。

雪なので、ロフトの窓から雪景色を撮影しようとしたのですが、コンデジのストロボでは全然光量が足りず、うまく撮れなかったので、あきらめてその辺にあるものを懐中電灯の明かりで撮影してみました。

まず最初はこれ。

20110214b

アイロンビーズの夜光パープルです。なんとなく幻想的ですね。

で、次はこれ。

20110214c

アクリル製のボルトとナットとワッシャーをマクロでギリギリまで寄って撮ってみました。懐中電灯の明かりがかなり明るいので、絞りはギリギリまで絞って、さらにディマーフィルタをONにして撮影しました。意外と面白い絵になりました。

で、最後はこれです。

20110214d

アイロンビーズ伽椰子をライトアップしてみました。カワイイ!!

2011-02-11

今日は仕事を休んで蕎麦を食べに行ってきました。

「仕事を休んで」と言っても、ここのところ休出が続いていたので、代休を取っただけなのですけどねww

20110210a

京王線のこの↑中吊り広告に誘われて妻と二人で出かけてきました。

平日の真昼間ということもあって、高尾を過ぎると車内はこんな感じ。各車両に一組づつって感じです。

20110210b

高尾山口からちょっと歩いてケーブルカー乗り場まで。
ここまでの途中にも蕎麦屋さんが何軒もあるので、山の上で食べるってのにこだわらなければこの辺りで食べて帰るのもアリかな?と思いました。

20110210c

ケーブルカーに乗って山頂(?)まで。移動します。道程1Kmだそうです。

20110210d

十一丁目茶屋ってとこで食べました。

手前は私が頼んだ「とろろ天そば」奥は妻が頼んだ「天ぷらそば」です。ここまで来てとろろそば食わないってどうよ?

20110210e

太麺で美味しかったです。

2011-02-10

今日は仕事を休んでCP+に行ってきました。

20110209a

「仕事を休んで」と言っても、ここのところ休出が続いていたので、代休を取っただけなのですけどねww

今回は、発表と同時にグッと心をわしづかみにされたJVCのHDハイブリッドカメラGC-PX1の実機が見れる触れるということで行ってきました。

20110209b

このカメラの特徴はいくつもあるのですが、まず尖がってるのが動画性能です。
AVCHDやブルーレイですら60i24Mしか規格化されていないのに、あえて60p36Mで撮影可能なんですよ。しかも動画から切り出したという静止画の印刷物を見てみたのですが、画素間補完の無いリニアなフルHDでした。
それから、640x360という解像度ながら2時間撮り続けられる300fps動画ってのもスゴイ。
静止画の性能は高性能デジ一眼と比べると凡庸といわざるを得ませんが、それでも毎秒60コマの144枚連写ってのはなかなかスゴイですね。
液晶モニタは180°まで広がるタッチパネルで使い勝手も悪くなさそうでした。
価格もいきなり9万円台で出てくるようなので運動会カメラとして購入する方が多そうですね。

しかし、良い点ばかりではなく個人的に気に入らない部分もいくつかありました。

まず、ダイアル類が本体左に集中している点。特にモードダイアルがカメラに正対した状態で見えないのはかなりマイナスポイントです。

あと、ワイド端での絵作りが全然出来ない感じがしました。ズームレンズなので仕方ないっちゃ仕方ないんですが、ギリギリまでF値を下げても全然被写界深度が浅くなりません。これは結構つまらないなぁと思いました。JVCはデジ一眼を作っていないので期待薄ですが、このカメラに搭載された画像エンジンを積んだデジ一眼が出たら多分相当欲しくなると思います。

JVCでは他にも3DカメラGS-TD1を展示していました。現状で民生価格で手に入る二眼ステレオカメラとしてはベストではないでしょうか?視差が人間のそれに近いためか立体感も自然な感じがしました。

すっかり忘れていたのですが、前回のフォトキナで発表されて今回実機が展示されていたのがFUJIFILMのX100です。

20110209c

超カッコよかったですよ。触って見たかったのですが、動作する実機が1台しか用意されてなくて長蛇の列ができていました。

20110209d

このカメラは本当に所有欲をかきたてますね。なんかこのカメラさえあれば自分でもプロ並の作品が撮れるような気にさせます。実際には全然なんですけどねww

この質感で13万は決して高くないと思います。余裕さえあれば絶対買ってると思います。

あと、あまり撮影しなかったのですが、概してコンパニオンの皆さんの質が高かったように思います。やはりカメラ野郎が多く集うからでしょうねww

個人的にはあまり買い換えることの出来ないカメラ本体よりもアクセサリーのほうに興味があったりもするのですが、そちらでも結構イイのがいくつか見つかりました。

そのうちの一つ↓は説明員のヒトに「出たら絶対買いますよコレ」と約束してきてしまいました。

20110209f

ゴリラポッド的なクネクネ三脚なんですが、質感がハンパ無いww。石突が金属のスパイクですよ。しかもクローム仕立て。他にもノーマルなゴム、吸盤、マグネットの石突がついてケースに入って、1万ちょっとで4月発売だそうです。

帰りは海沿いを歩いてみなとみらい駅まで戻りました。

たまには海沿いを歩くのも良いものですねー。

20110209h

20110209i


« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

最近のトラックバック

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28