無料ブログはココログ

« 豚インフルエンザのWHOの警戒レベルが「フェーズ5」に引き上げられました | トップページ | nsima、江ノ島に立つ »

2009-05-01

第6回 元気の出る ものクリフェスタ 2009春

2009年4月の28~29日に東京ビッグサイトで「第6回 元気の出る ものクリフェスタ 2009春」というイベントがありました。

ま、イベントそのものはどうでもいいわけですがwww

第6回ってくらいですから、前に5回あったわけですが、実は前回までは妻が友人と一緒に出展してたのですよ。

今回から年2回ということになって、規模縮小ということで、出展は見送ったのですが、取り合えず様子見もかねて出かけてきました。

詳しいレポートはそのうち妻が書くと思いますので、省略して、雑感だけ書くと・・・

「ま、もうダメかな?」って感じ?

何人かの出展者の方とお話できたのですが、評判は悪く「次回は出展しない」という意見が大半でした。お客さんのほうの評判も悪く「次回からは参加しない」という意見が多く聞かれました。

私たちにしても、こういうイベントって、いつもヘトヘトになって汗でドロドロになるまで歩き回って足を棒にして帰ってくるのですが、昼ちょっと過ぎには会場を後にするというていたらくwww

買い物はしたので空手というわけではないのですが、つまらないので会場である西館の外階段で、STEREO動画を撮影してみました。

交差法になっているので寄り目で見てください。

だいぶ「立体視する動画」の作り方的なもの、っていうか見やすくする編集のツボっていうか、が分ってきた気がします。

これまでは、面倒くさいので撮影した動画は「軸」をそろえるだけでこれといった編集はしてなかったのですが、見る側はこちらが設定した「軸」に意識を合わせてくれるわけではないので見難い立体視動画になっていたわけですよ。

自然な視点の移動を許してくれないため長時間見ると目が疲れたりしたわけですね。

なので、視点をできるだけ自然にナビゲートするようにしました。

まず軸をザックリあわせた動画を作って、その後場面ごとに「ここに視点が行くなぁ」というところを左右の映像で合わせるようにしたわけです。編集点はこの動画で20箇所ほどでしょうか?意外に面倒な作業でした。カメラは2台ともステーに固定してあるのでスタビライズや回転補正はしなくて良いのがせめてもの救いでしたね。

« 豚インフルエンザのWHOの警戒レベルが「フェーズ5」に引き上げられました | トップページ | nsima、江ノ島に立つ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第6回 元気の出る ものクリフェスタ 2009春:

« 豚インフルエンザのWHOの警戒レベルが「フェーズ5」に引き上げられました | トップページ | nsima、江ノ島に立つ »

最近のトラックバック

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30