無料ブログはココログ

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008-07-31

ミス・サイゴン

7月30日のソニキム+市村エンジニアのソワレ公演を観て来ました。

※ソニキム - キムの配役がソニン
※市村エンジニア - エンジニアの配役が市村正親

しかも、今夜は本田美奈子.メモリアル特別カーテンコール。

ご存知の通り、私はソニンファンで、本田美奈子.ファンなので、今夜の公演はもうなにがなんでも観にいかなければいけないのでした。

ストーリーとかは説明不要ですよね?で、ソニンですが・・・

私にとってキムってのは本田美奈子.とイコールだったので、ソニンってどうよ?って思っていたのですが(だって、ソニンってえらくガタイが良いからwww)、良い意味で裏切られました。

迫力もあるし、鬼気迫る演技もなかなか。結構ハマリ役なんじゃないかと思いました。

今回はA席(たぶん前から20列目くらい?)だったのですが、期間中にもう一度観にいきたいと思いましたよ。次はS席で。

で、特別カーテンコール。

本田美奈子.メモリアルのMCができるのは今回のミス・サイゴンの配役の中では市村正親以外に考えられません。

で、市村さんが本田美奈子さんとのエピソードを淡々と紹介し(もう、この時点で涙腺がかなりヤバい状態に)、やがてビデオの上映になるのですが、ビデオそのものは事実のみを伝える感じで、ミス・サイゴンをはじめとした本田美奈子さんが主演したミュージカルの紹介が事務的に続いていきます。「ん?意外にあっさりした構成だなー」なんて思って、涙腺も元に戻りかけたところで、最後に「ミス・サイゴン」の「命をあげよう」が再生されました。

もう、ダメです。

久々に両目から涙がでましたよ。周囲からも嗚咽が洩れます。なんとなく一体感です。「命をあげよう」が終わるまで涙がとまりませんでした。

たぶん、この公演のDVDとか出て部屋で独りで見てたら声上げて泣いてますよ。

結局、帝劇を出ても鼻をすすってる状態で、多分涙目のままだったので、恥ずかしいから一駅歩いて落ち着いてから電車に乗ってかえってきました。

しつこいようですが、本田美奈子メモリアル特別カーテンコールの公演のキムがソニンだったのはソニンファンであり本田美奈子ファンである私にとってはとても嬉しい組み合わせでした。

なんかまとまりの無い文章になってしまいした。

<< 追記 >>

もう一度見たいと思って、帝劇でのソニンの最終日を探してみたところ、当然のごとく既に売り切れてました。あとは当日券狙いですが、ちょっとそこまではできないかな...

で、気がついたんですが、市村さんて8月までしかやんないのね。ソニキム+市村エンジニア+ほのかエレンの組み合わせってこのロングラン公演中何回あるんだろ?

やっぱ、凄く貴重な公演だったようです。観ることができて、本当に良かった。

2008-07-30

コンプ!!

Monkey


2008-07-23

キヤノン iVISHF11

なんか、凄いのが出てきましたね。

キヤノンの iVISHF11 です。

Ivishf11

前作 iVISHF10 が出た時も結構食指が動いたんだけど、そのときは60fpsの魅力には勝てず、個人的に次世代機は SANYO かなーなんて思ってて、そうこうするうち AdobeCS3 なんか買っちゃったりして、ビデオカメラ買う余裕なんてなくなっちゃったんだけど、いやもちろん今も余裕なんかないんだけど、常に「次買うならコレ」みたいなのはチェックしとかなきゃね。みたいな。

で、iVISHF11ですが、ざっと見HF10と大きく変わっていないように見えますが実は使用できるプロファイル/レベルが拡張されたようです。詳しくはわからないのですが、AVCHDで24Mbps使用可能ということなので、おそらくハイプロファイルのレベル4が使用可能になっているものと思われます。

で、実売価格が14万くらいだというんだから技術の進歩ってスゲーですね。

ちょっと前までハイビジョンカメラってだけで何百万もしたのに。

ちなみに24Mbpsで32Gのメモリに撮影可能な時間は3時間弱。電池の持ち時間は1.5時間くらいということなので、メモリを使い切るつもりで出かけるなら予備バッテリーを最低1個、ZOOM多用とか再生してみたりとかを考えると予備バッテリーは2個は欲しいところ。

で、今現在の「次買うならコレ」は iVISHF11 になってます。

2008-07-22

花吃了那女孩

花は女の子と一緒にいます。

キャンディは愛情と一緒にいます。

黒板は黒板拭きと一緒にいます。

あなたは誰と一緒にいたいですか?

Photo

良く分かりませんが、Cyndi主演の映画が公開されるようです(9/12)。
だからどうしたといわれればそれまでなんですけどね。

2008-07-17

その後のCreativeZEN

一応Creativeから返事が来ました。

WMV形式で、850kbpsっていうのは、SimpleProfileを使用した場合なのだそうです。
そんな記述を見たことが無かったので、マニュアルやヘルプ、サイト上の記載箇所を問い合わせています。

ま、なんにしても添付の専用ソフトウェアで変換したビデオが再生できないのは問題アリですよね。

そんななか、mixiでも質問してたのですが、DivXとかXviDなら結構高ビットレートでも問題無いという報告が。

結局持ち歩く分は全て再変換が必要ってわけですね…

どうせ再変換するなら、もしgigabeatが復活したときにも使えるようにWMVのSimpleProfileで変換しといたほうがいいよなぁ…

って、考えるとgigabeatって、ユーザを見捨てたとか電池の持ちが悪いとかいろいろ言ってきましたが、良い機械だったな。と思います。

あと、Creativeのサポートの文章読解力って結構低めに設定されてんですかね。

こっちが「最高ビットレートが800kbpsのVBR」って書いてるのに、「ビットレートが850kbpsを超えることが考えられますので」とか、頭悪すぎ。超えないから最高なんだっての。

さて、これから暇を見てガンガンエンコードするわけですが、問題は「SimpleProfile」の設定がわからないことですね。

こまりまんた。

稲川淳二の怪談ナイト

Kaidannight

来る2008年7月30日に、「ミス・サイゴン」を見に行くことになったので、7月27日に予定していた「稲川淳二の怪談ナイト@ルネ小平」はあきらめました。

8月は帰省とかあるので、9月27日の東京メルパルクホールにでも行ければいいなと思っています。

2008-07-16

ZENその後

Creativeからはまだ何の返事もありません。

でもちょっと試してみた結果判ったこともあります。

問題なく再生可能な動画とそうでない動画の違いは主にビットレートであり、その境界は400kbps付近にあることはわかっています。

じゃ、400kbpsより下ならOKで、上ならアウトかというとそうでもありません。
実際、きっちり400kbpsでエンコしても再生可能なファイルもあればそうでないファイルもあります。

で、その傾向を調べてみた(というか直感に近いものがありますが)ところ、私が結構好きな動画は再生できないことが多く、特に好きってわけでもなくテストの際に偶然選んだ動画は再生できることが多いということがわかってきました。

どういうことでしょうか?

で、ハタと気がついたのですが、「好きな動画はエンコード時のパラメータを慎重に設定する」が、「そうでもない動画はパラメータ設定がおざなり」なわけですよ。

例えば好きな動画の場合、「映像と音声を合わせて400kbsでエンコードするが、できるだけ綺麗な映像にしたいので、音声の帯域はギリギリ64kbpsに抑えて、残りを映像に回そう」とか考えるわけです。この場合、映像用の帯域は336kbpsということになります。

しかし、そうでもない動画の場合、「gigabeatの設定を流用して、合計のビットレートだけ400kbpsに変更すればいいや」なんてことになるわけです。gigabeatの場合、音声に固定ビットレートで128kbps、映像に可変ビットレートで600kbpsわりふっていたので、この場合音声のビットレートそのままで、映像のビットレートを固定ビットレートで272kbpsにしたりするわけですね。

で、結局後者の方がちゃんと再生される。と。

違いは音声と映像に割り振られる帯域です。

どうも映像の帯域が272bpsはOKで、336kbpsはだめなようです。

つまり、ZENの映像エンジンは遅延なく処理可能な帯域の限界が272kbps~336kbpsのどこかにあるということになります。

そんなのもっと早く気がつけよって感じですが、gigabeatの場合800kbpsっていう限界値は主にHDDからの転送速度によるところが大きかったため、音声と映像を合わせたビットレートで考えるクセがついていたといえるでしょう。

ZENの場合、余裕をみて、映像256kbps、音声128kbpsでエンコしておけばダイジョブそうです。

このビットレートでも余り激しくない動画だと結構綺麗です。激しい動画だと若干ブロックノイズが乗る感じになります。


で・も・で・す・よ

以前も書きましたが、動画を再エンコードするなら別にiPodでも良かったんですよ。

再エンコードしなきゃいけないとなると、魅力半減ですね。

こまったこまった。どうしたもんだか。

2008-07-15

ミス・サイゴン

帝国劇場、7月30日(水)の夜の部を予約してしまいました。

ミス・サイゴン

キム=ソニンなのはデフォですが、その日は本田美奈子. メモリアルウィークの初日で、特別カーテンコールがあるということで。
泣きに行きます。

2008-07-14

中華丼

今日の昼ご飯は外食でした。

妻が「作るのが面倒」と思ったのと娘が「ピザ食べたい」と思ったのが重なったからでした。

つまり、ピザを宅配するのではなく、シェーキーズで食べようってことになったわけです。

近所のシェーキーズといえば吉祥寺店か聖蹟桜ヶ丘店になるのですが、娘が鉛筆も買わなきゃいけないってことでアートマン(文房具屋)が同じ建物内にある聖蹟桜ヶ丘店に行きました。ここは今飼ってるハムスターを買ったペット屋さんや、アニメイトもあるので便利です。いや、もちろん吉祥寺の街全体と比べればショボイですけどね。

で、シェーキーズに着いてみると長蛇の列。行列に並ぶのが嫌いな娘はいきなり、「ココやだ」とか言い出す始末。その程度の「ピザ食べたい」だったら、最初から別のとこでよかったじゃねーかよ。って思いましたが時既に遅し。駐車場代を浮かすためにもなんとしてもココで(っていうかこの建物内)で食事をしなくてはいけません。

で、「ほかに食べたいものは?」って聞くとチャーハンっていうので中華料理店に行くことにしました。

で、私は中華丼を頼んだのですが(ここまで遠い道のりでした)、出てきたのがこれでした(下図参照)

Chukadon

目玉焼きが乗ってます。

変わってますね。

でも、味はまぁまぁでした。これはおいしい!!ってことも無かったですけどね。

食べ終わって、お会計して、アニメイト寄ってペット屋さん寄って、ドトール寄って帰ってきて、しばらくアイマスやってたのですが、気が付いてしまいました。

「もしかして、うずらの玉子、切らしてたんじゃねーの?」って。

でも、かわりに「ゆで卵」乗せたりしたら「うずらの玉子」を切らしてるのがバレバレになっちゃうし、さりとて「玉子」を入れないとクレームが付くかもしれないし。なので「これがウチのスタイルですよ」みたいな感じで、さらっと目玉焼きを乗せたんじゃないかと思うんですよね。妙に中華丼が出てくるのが遅かったのと目玉焼きが妙に焦げてたのも説得力を増していると思います。

確認するにはもう一度このお店に行って、中華丼を頼んでみるしかありません。

ちょっと、ワクワクな感じがします。

帰りに聖蹟桜ヶ丘に寄っちゃうかもwww

遂に、CreativeZENが、キターーーーーーーー

と、大喜びしてると思うでしょ?

まずは↓をご覧ください。

CreativeZEN X-Fi

実は、これは、私がZENを注文した翌々日に発表されたポータブルプレイヤーです。

明らかに対価格性能が上がっています。
これは素直に喜べないですね。
しかもZENの16Gモデルはこの製品の発表と同時に値下げされたのですが、私が購入した32Gモデルは何の変更も無しです。これは16Gモデルは店頭販売もあるので下げざるを得ないってのもあるんでしょうけど、ちょっとヒドイです。

でも、よく見てみると…
デザインがクールになったけどそのせいでハードケースが無いし、
強化されたサウンド関係も、耳鳴り持ちの私にはあまり関係ないし、
無線LANなんて必要ないし、
スピーカーなんて満員電車じゃ危険なだけだし。

ということで、「なーんだ。大したこと無いんじゃん」って思ったのですよ。

で、X-Fiの発表の翌日に我が家にZENがやってきたのですよ。

いままで使ってたgigabeatはHDプレーヤーでしたが、ZENはメモリプレーヤーです。まず、あっという間の同期に胸のすく思いをすることが出来るでしょう。

いままで使ってたgigabeatのビデオのビットレートの上限は800kbpsでしたが、ZENは850kbpsです。美しいビデオを美しい液晶で堪能できるでしょう。

そう思ってましたよ。

まず、mp3の転送が遅いですよ。

gigabeatは映像も含めて50Gくらいのデータを1時間足らずで転送できたのですが、ZENは20Gくらいのmp3の転送だけで1時間以上かかってますよ。途中で寝ちゃったからわからないけど。

それからビデオの再生が変ですよ。

gigabeatで何の問題もなく再生できてたwmvファイルがまるでだめです。映像はカクカクするし、音声はブチブチ途切れます。再生できないわけじゃないけど鑑賞に堪えません。

今まではペガシスのTMpgEnc4.0XPressってのでエンコしてたんですが、何か相性でもあるのかと思って、ZENに添付のビデオエンコードソフトでエンコしてみたのですが「最高画質」だと全く同様の症状になって鑑賞に堪えません。画質はいいのかもしれませんけどね。

画質を「最適なファイルサイズ」まで落とすと(これ以上は落とせない)、途切れなく再生できますが、ナニコレ画質ですね。今までgigabeatで見ていた画質をDVDだとすると、「最適なファイルサイズ」の画質はVHSとS-VHSの間くらいでしょうか。

で、この「最適なファイルサイズ」のビデオをZENから取り出して調べてみたところ、ビットレートは410kbpsでした。動画と音声の配分までは調べませんでしたけどね。

なので、次にTMpgEncを使って400kbosでエンコしたものを無変換でZENに転送してみました。動画の配分が340kbpsで、音声が64kbpsです。動画も音声も2passCBRでエンコしました。

でも、若干途切れがちになってしまいました。

つまり、今私の手元にあるZENはカタログ性能では850kbpsのビデオが再生できると謳ってあるものの、400kbpsのビデオすらろくに再生できないわけです。再生できるのは400kbpsでも冗長なデータだけのようです。

で、これは、初期不良なんだと思って、Creativeにメールしました。

今、返事待ちです。

もし、これがZENの仕様だとするとカタログの記載に問題があることになります。

だいたい、ビデオを再エンコードしたくないからZENを選んだわけですから、結局全部再エンコードってことになるんだったら、言ってしまえばiPodでもいいわけですよ。もうこの際カッコ悪さとかは我慢するですよ。

しかも、使い勝手も機能が豊富になったせいか、以前使ってた Creative の NOMAD Jukebox よりもかなり悪くなってる(というか分りにくくなってる)ような気がします。慣れかもしれませんが。

あ~もう。

2008-07-09

さよならgigabeat

先日の記事でも書いたのだが、2年ちょっと連れ添ったgigabeatが逝ってしまわれました。

修理するかどうか迷ったものの、修理費用が2万強かかりそうなこと、既に電池がへたり始めていることなどから総合的に判断し、新しいプレイヤーに乗り換えることにしました。

さようならgigabeat。

それに伴い、mixiのgigabeat関連のコミュから退会しました。さよならコミュのみんな。全然気にならないけど。

そして、次のプレイヤーはついに
Creative ZEN
Creative ZEN です。購入したのは32Gモデルです。

ありがとう>妻(の「こういうとき用貯金」)

こんどは最初からアクセサリーがありますよ。とりあえずアクリルケースとスクリーンフィルターを一緒に買いました。

今まで使ってたのが60Gで、ほぼ使い切ってたので全部は入りませんね。
ちょっと工夫しないと… とりあえず「稲川淳二全集(動画)」は入れられないな。アニメシリーズも「見てないのを全部」持ち歩くんじゃなくって「今見てるのをいくつか」にしよう。
逆にPVは多くしたいな。

というのも、今度のはメモリプレーヤーなので、HDDプレイヤーだったgigabeatよりはかなり電池が持つと期待されるわけです。なので、電車の中で思うさまPVを見ることができると期待されるわけですね。

明日届きますwktk

2008-07-02

gigabeat

二年ちょっと使ってきたgigabeatが逝ってしまいました。
症状からするとHDDのクラッシュっぽいですね。

ここで私には二つの選択肢があります。

一つ目はgigabeatを修理に出すこと。
もうひとつは違うプレイヤーに乗り換えること。

ま、修理に出すのはいつでもできるので、とりあえず別のプレイヤーを模索してみるわけですが(笑)

私の音楽ライブラリは全てDRMなしのmp3なので音楽プレーヤーとして考えればなんでも構いません。
しかし、ビデオは全部WMVなのでiPodはナシです。

今一番有力なのは CreativeのZEN です。32GBモデルで3万弱。
gigabeatは60Gモデルだったので、今まで持ち歩いてたビデオ全部は入りませんが、全ての音楽と全てのPVくらいは入ると思います。
SDカードも使えるのでドラマとか映画とかはSDカードで入れ替えってのもアリかもしれません。LOSTと4400とDEADZONEを持ち歩いても見るのはそのうち1話か2話なわけですから...
HDDじゃないので電池の持ちが良いのも好印象です。
gigabeatは結局、東芝に見捨てられたわけですが(アクセサリが全く発売されなかった。クレードルさえwww)、最初からアクセサリが充実してるのも嬉しいですね。
あと、iPodとか国内メーカが採用しないボイスレコーディングができるのも嬉しいですね。
gigabeatに無かった時計機能を内蔵してるのも嬉しいです。
なにより、ZENであることが重要ですね。ZENは操作しやすいんですよ、Appleが真似するくらいですからね。

弱点は横スタイルであることくらいですかね。

あ、なんか書いてたらどんどん欲しくなってきたぞ。買っちゃいそうだ…


関係ないですけど、娘も携帯音楽プレーヤーを欲しがってるみたいです。友達のなかにはもう持ってる子もいるそうで。娘の場合は、iPod nanoで決まりなので何も悩む必要はないんですけどねぇwwwww

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

最近のトラックバック

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28