無料ブログはココログ

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007-07-27

六本木ヒルズとぶつかりました

帰り道、ぼ~っとしてたら、六本木ヒルズとぶつかってしまいました。(正確いうと、テレビ朝日ですが)

ぶつかったのは このあたり

で、こんなふう(↓)になりました。

Surikizu

スリ傷で、ちょっとヒリヒリするだけなんだけど、なんか、最近、小傷が多いなぁと思います。注意散漫なのか?

ルイヴィトンの前でハデにひっくりかえったこともあるしなぁ...

ハンドルが曲がったり、チェーンが外れたり。直しても、な~んか微妙にポジション違ってたり。

2007-07-22

LED3

さて、LEDシリーズもいよいよ第3段。

こんなのを作ってみました。まだまだ習作レベルですが、実用品です。

Led1_2

スイッチを切るとこんな感じ。

Led2_3

横から見るとこんな感じ。

Led3_2

で、下の方の黒い部分がLED点灯ユニットになります。
今回はこんな感じで、ちょっとメカっぽいですね。

Unit1

点灯するとこんな感じ。最高輝度でドライブしているわけではないですが直視するのはキツイですね。

Unit2

使用した回路はこんなのです。

Kairo

非常に簡単ですね。ビバCRDって感じです。LEDの最大定格電流100mAのところを面倒くさいので15mAでドライブしています。電流を多く流すと輝度がどのくらいあがるのか分らないのでためしてません。すくなくとも15mA以上流す場合はCRDが並列になるのでハンダ付けが面倒です。

ちなみに、写真は撮り忘れましたが、LEDの裏の配線は空中配線です。でもそれだと危険なのでホットボンドでメタメタにしてあります。放熱しないのである意味もっと危険かもしれません。

電源は秋月の12Vスイッチング電源を使っています。24Vでも良かったのですが、感電したときの安全性を考えて12Vにしました。別に24Vでも死にゃしないですけどね。

で、点灯ユニットの上に乗っかってる行灯様のものはこんな感じになってます。

Unit3

右側の白いのが、左側のアミっぽいのに入っているわけですね。白いのは入っているだけで全く固定されていません。

白いのを下から見るとこんな風になっていて、点灯ユニットから出っ張ってるLEDと干渉しないようになってます。

Unit4

中にはセロハンをクシャクシャとしたのが入ってます。

Unit5

このセロハンが光を拡散させて下の方まで光をまわす働きをします。広角のLEDを使ってはいるのですが、やはり、LEDの正面にあたる天井部分がもっとも明るく、側面は若干暗くなるのをこれで回避してます。LEDに拡散キャップをつけるとか、削るとか色々テはあるのですが、拡散キャップをつけるとアイロンビーズの穴に入んなくなるし、削るのは後戻りできない道なのでちょっと怖いです。

分りにくいですが、セロハンなし(上)とセロハン有り(下)です。

Light1

Light2

セロハンなしの方が、均一で綺麗なんですけどね。ま、これは好みの問題かもしれません。

購入したスイッチング電源は全部で三つだったので、残り一個になってしまいました。何作ろうかなぁ...

2007-07-15

LED2

前回、簡単なLED点灯回路を作ってみました。と報告しましたが、今回はそれをアイロンビーズに組み込んでみました。

といっても、いきなり何か作品を作るということではなく、まず「可能かどうか?」、可能ならば「どのくらいのリソースを使うのか?」を調べるための簡単なモデルを作ってみました。

Led1_1

点灯するとこんな感じ

Led2_2

現時点では直径11個、高さ4個の円柱形の中に完全に作り込める事が分りました。

Led3_1

もう少し工夫すれば直径9個、高さ3個の中に作り込めるという手ごたえは感じましたが、高さはともかく直径を小さくすることにはあまり意味が無いのでどうでもいいんですけどね。

せっかくなので、粒磁石を組み込んでホワイトボードとかに貼り付けて使えるようにしてみました。

Led4

なんの役にもたたないですけどね。

2007-07-13

LED

またしても久々の更新になります。

指の傷はすっかり治りました。

さて、懇意にしていただいているベースマンさんのブログにこんな記事があるのですが、早速私は影響を受けてしまったのでした。

ベースマンさんの記事を読んで感心すると同時に、作品の下の方が暗くなってしまっているのが気になりました。

そこで、私はベースマンさんの選んだものよりさらに小型のLED電球を色々と買い込んで試してみたのですが、どれも輝度が足りませんでした。平たくて明るいものもあるにはあるのですが、おいそれと買えるような値段ではありませんでした。

そこで、「こりゃもう自分で作るしかあるまい」ということでLEDの勉強を(ちょっとだけ)して、秋月で色々買い込んで初めて作ってみたのがこの回路です。(ブレッドボードというテスト用の基板を使っているのでとても簡単です。)

Led1 12V、2灯直列で、それぞれ電流を20mA,15mA,10mAと変えてみた

Led2 12V、15mAで、それぞれ2灯、3灯、4灯と変えてみた

結局、私の肉眼ではどのパターンが一番明るいのかはよく分りませんでした。効率のいいところで15mAで3灯がベストでしょうか?

で、ついでなので、クリスマスツリーをかぶせて見ました。

Led3

予想外にいい感じです。

あとは、LED点灯回路をアイロンビーズ上に組むだけです。(ってか、そこが一番難しいと思うんだけどね)

請うご期待!!

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

最近のトラックバック

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28