無料ブログはココログ

« 2007年1月 | トップページ | 2007年4月 »

2007-02-14

エフティ壱号

今回は自慢です。

いま、NECのサーバ、Express5800シリーズは、ダイヤブロックとのコラボ企画で「合体コラボプロジェクト『ゴッパチキング』」ってのをやっている。

合体コラボプロジェクト『ゴッパチキング』

で、この「ゴッパチキング」はプレゼントとか、秋葉原のクラサバ市場でもらえる「エフティ壱号」「シグマ弐号」「スイレイ参号」のパーツを組み合わせて作るんだけど、このたび、めでたく「エフティ壱号」を入手したというわけですね。

エフティ壱号

な~んだ三個のうち一個じゃん。と言う無かれ。実はこの「エフティ壱号」、一連のデザインを手がけた造形師KENZO氏から直接いただいたものなのだ!(しかも氏のご自宅で!!)

私とKENZO氏にどんな繋がりが?!と思われるかもしれませんが、実はアイロンビーズつながりなんだよね。

詳しくは「beans12号」をご覧ください。なんとなく分るかもしれません。

2007-02-13

砂鉄

さて、先日来何かと話題に上っている乳鉢ですが、買いなおしました。

で、早速砂鉄を精製してみました。

結果はこんな感じ。

砂鉄

ま、砂鉄っていうとこんなイメージなんで大したこと無い感じですね。

でも、実際に砂場で集めて来た砂鉄ってのは半分ほど砂で、しかも微小な泥の粉にまみれていて全体的に白っぽくなってるんですよ。それをココまで均一なサイズにするにはやはり乳鉢が必要だったわけです。

手順を説明すると、まず、乳鉢で集めて来た砂鉄をゴリゴリします。だいぶいい感じになってきたなと思ったら目の細かい茶漉しでふるいます。残ったものをまた乳鉢でゴリゴリしてまたふるいます。これを納得いくまで繰り返します。私の場合は5回ほどでふるい残しがなくなりました。

出来上がった砂鉄を今度は磁石で分別します。

既に砂鉄だろ?とお思いかも知れませんが、実は元の砂鉄には、鉄と普通の砂粒が結合した状態のものもかなり多く存在しているんです。それが乳鉢で粉砕され、砂鉄と砂粒に分離したので、砂粒を分離する必要があるわけです。

この作業も納得いくまでやります。今回も5回ほど繰り返したところで磁石にくっつかない砂粒はほとんど見えなくなりました。

ここでやめてもいいんですが、砂鉄はまだまだ白っぽくて、ドロの匂いもします。

なので、洗いました。

使い終わったビン(口の広いもの)に砂鉄を入れ、水を入れて、蓋をしてシャッフルします。砂鉄に付着した泥の粒が水に溶けだし、砂鉄は重いので速やかに沈み分離します。しばらくしたらドロ色の上澄みを捨てます。

これも何度か繰り返します。

そのうちに上澄みから濁りが無くなり、沈殿する砂鉄は真っ黒になります。そうしたらこの「洗い」はおしまいです。

最後はきれいな鍋(アルミ推奨)に沈殿した砂鉄を移して熱し、水分を飛ばします。

で、冷ましてからタッパーに移すと出来上がり。

結構手間はかかりますが、出来上がった砂鉄が綺麗なのでなかなか楽しい作業でした。これも趣味にしても良いくらいです(笑)

2007-02-09

役に立たない夢

得てして夢ってのは役に立たないものですが、先日妻が見た夢は、いろいろな点でずば抜けて役に立たなくて面白かったので報告しておきたいと思う。



妻 「そうそう、あのさ~」

私 「ん~?」

妻 「乳鉢を見つけた夢を見たよ。」(参照:砂鉄)

私 「へ~。どこにあったの?」

妻 「ここ。」(と、パソコンの横を指差す)



「そこ」は妻も私ももう何度も探した場所(っていうかむき出しなので、そこに乳鉢が無いことは明らか)なので、そこに乳鉢があるはずがありません。

もし、「そこ」が、妻も私もまだ捜していない場所であるなら、見つからないにしても、期待することはできるのに、そんな要素は微塵もありません。

また、「乳鉢」じゃなくって、なんかこうもっと夢のあるもの、例えば宝くじの当たりくじを見つける夢であれば、希望を抱くこともできるかもしれません。

さらに、「見つけた夢」じゃなくって「探している夢」ならば、ああ、気にしているんだな?とか思って、妻の気遣いに感謝することができるかもしれません。

しかし、実際には「そのうち出てくるよね」と話していて、「買いなおしたとしても数百円だしね」と言っていた乳鉢を、「探しもせずに、探し切った場所から見つける」「夢」を見るという、なんとも究極的な役に立たなさ加減です。

仕方がないので、こっそり乳鉢を買いなおして、「そこ」に置いておこうかと思うほどでした。

2007-02-07

Macとパソコン

最近TVで良く見かけるAppleの「Get A Mac」シリーズCM。

20070207_getamac

これはこれで、面白いんですが、Microsoftも対抗して作ったらもっと面白くなるような気がしたので考えてみました。

「宴会編」

画面右半分は真っ白、画面左半分は雑然とした居酒屋、大勢の人が騒いでいる。

中心の垢抜けない雰囲気の人物が自己紹介する。

「どうも、マイクロソフトです」

引き続き視聴者に向かって何か話しかけようとするが、周りの人に取り囲まれ、埋もれる。

画面右半分がパンして、真っ白なテーブルをはさんで二人のおしゃれな感じの男性が現れる。

おしゃれな感じでワイングラスを傾けたりしている。

一人がもう一人を示しながら「どうも、Appleです。こちらは僕の親友のカメラマン」。

親友と紹介された人物は一眼レフカメラを取り出し指し示しながら、視聴者に向かって会釈(ども!って感じで)。

Apple君「どうもにぎやかなのは苦手でね」と言いながら照れ笑い。

と、そこにマイクロソフト君が画面左側からぶざまな感じで画面右側に転がり出る。

「あ、Apple君、遅れちゃってごめんね。これ君が欲しいって言ってたオフィスだよ。」

と言いながらプレゼントの箱を手渡す。

Apple君「どうもありがとう。待ってたんだよ。」

ここで、画面左側の大勢がマイクロソフト君を呼ぶ。

マイクロソフト君、Apple君に向かって「ごめん、Apple君。もっと一緒に居たいんだけど、呼ばれてるからもう行かなくちゃ。」と、立ち去ろうとする。

去り際にApple君の親友に向かって思いついたように「君も一緒にどお?」と聞く。

Apple君の親友「そうだね。じゃ、僕も一緒に」と言って満面の笑みで立ち去る。

画面右側は視点が変わってApple君の後ろ姿に。

画面左側はマイクロソフト君が帰ってきて大盛り上がりに。

ホワイトアウトして、Microsoftのロゴ。

てな感じでどうでしょう?つくんねーかな?マイクロソフト。

別の「編」を思いついたらまた書こうかと思います。

2007-02-05

稲川淳二デビュー

娘が稲川淳二デビューした(笑)

見たのは「稲川淳二の恐怖の屋敷」ってやつ、PSのゲームでも同じタイトルのがあるらしいけど、それとは別。

とりあえず、稲川淳二の「語りだけ」で「できるだけ怖くない」という視点で選んでみた。娘の「怪談入門」としてはちょうど良かったみたい。夢にも見なかったらしいし。っていうか半分くらいしか理解してないと思うけど。

子供的には、あとでジワジワ来るようなのより、オバケとかモンスターとかが出てくるほうがまだ怖いらしい。大人は笑っちゃうんだけどね。

あ~

うっかり、書くのを忘れてしまいましたよ。昨日。くぅ~

やっぱ出かけないと、書くネタないっすねぇ... こまったもんだ。

「忘れた」で思い出したんだけど、『「やるべきことを忘れないように、ホワイトボードを買おう」と昨年末、決心したのをすっかり忘れていたなぁ、やっぱ買わなきゃなぁ』と、今年の初めに思い出したのすら忘れていたのを思い出しました。

仕事の帰りに買えるようなちっちゃいのはイマイチ使い勝手が悪いし(たくさん買って、局面ごとに設置するというテはある)、さりとてデカイのは買いにくいし。

さてどうしたもんだか?

2007-02-02

ほんとにあった!呪いのビデオシリーズ

最近ハマっているのが株式会社ブロードウェイ ほんとにあった!呪いのビデオシリーズだ。
2007年2月1日現在、発売されているのは以下の通り。全てDMMに存在する。

◇ ほんとにあった!呪いのビデオ
◇ ほんとにあった!呪いのビデオ2
◇ ほんとにあった!呪いのビデオ3
◇ ほんとにあった!呪いのビデオ4
◇ ほんとにあった!呪いのビデオ5
◇ ほんとにあった!呪いのビデオ6
◇ ほんとにあった!呪いのビデオ7
◇ ほんとにあった!呪いのビデオ8
◇ ほんとにあった!呪いのビデオ9
◇ ほんとにあった!呪いのビデオ10
◇ ほんとにあった!呪いのビデオ11
◇ ほんとにあった!呪いのビデオ12
◇ ほんとにあった!呪いのビデオ13
◇ ほんとにあった!呪いのビデオ14
◇ ほんとにあった!呪いのビデオ15
◇ ほんとにあった!呪いのビデオ16
◇ ほんとにあった!呪いのビデオ17
◆ ほんとにあった!呪いのビデオ18
◆ ほんとにあった!呪いのビデオ19
◆ ほんとにあった!呪いのビデオ20
◇ ほんとにあった!呪いのビデオ21
◇ ほんとにあった!呪いのビデオ22
◇ ほんとにあった!呪いのビデオ23
◆ ほんとにあった!呪いのビデオ special
◆ ほんとにあった!呪いのビデオ special2
◇ ほんとにあった!呪いのビデオ special3
◇ ほんとにあった!呪いのビデオ special4
◇ ほんとにあった!呪いのビデオ special5
◇ ほんとにあった!呪いのビデオ ver.X
◇ ほんとにあった!呪いのビデオ ver.X:2
◇ ほんとにあった!呪いのビデオ ver.X:3
◇ ほんとにあった!呪いのビデオ ver.X:4
◇ ほんとにあった!呪いのビデオ 戦慄投稿BEST20
◆ ほんとにあった!呪いのビデオ THE MOVIE
◆ ほんとにあった!呪いのビデオ THE MOVIE 2

"◇"は未見で、"◆"は鑑賞済みのタイトルだ。

このシリーズの面白さはその怖さにあるのだが、ただ単に怖いというのではなく、その怖さが日常の中に埋もれているということが肝要な点だと思う。

たとえば「13日の金曜日」シリーズとか、「エルム街の悪夢」シリーズとか、怖いのは怖いのだが、近寄らなければ問題無いという安心感はある。私はシルバーレイク周辺に住んでいるわけでもないしエルム街に住んでるわけでもない。そういう意味では「他人事」の恐怖だ。

「リング」や一連の「呪怨」シリーズは舞台が日本という点で海外のホラーよりは身近なのだが、これらにしたところでビデオを見なければ良いし、その家に近寄らなければ良いって感じはする。やはり他人事だ。

しかし、この「ほんとにあった!呪いのビデオ」シリーズは、出演者は一般人(もしかしたら俳優さんや女優さんなのかもしれないが基本的に無名(失礼))だし、撮影場所は特定しないけど「その辺」ぽく見える。とてもに日常的だ。そしてこのシリーズの怖さはソコにある。

「チェルノブイリの近くではガンの発生率が異常に高い」よりも「牛肉を食べるとBSEに感染する」の方が数段怖いのと同様、身近なほど怖いし、避けようが無いほど怖いのだ。

ただ、やはり「作り物」であるのは確かなので、見続けるとさほど怖さも感じなくなってしまう。ただ、面白さは増してきている。どういうことかというとこれは一種のアハ体験なのだ。一見したところ「普通」の映像のどこに「変なモノ」が写っているのか?微妙な描写をReplayの前に見つけたときの爽快感はかなりのモノだ。ありきたりのアハ体験に飽きた方にはお勧め。

アハ体験の第一人者である茂木健一郎氏も恐怖は脳を活性化するなんてことを言ってたような気もするし。実際、このテの恐怖のほとんどは想像によってもたらされるわけなのでとりあえず脳には良いはず。

<< 追記 >>

探してみると結構「ほんとにあった!呪いのビデオ」シリーズの感想が見つかるのだが、秀逸なのが 『ほんとにあった!呪いのビデオ観戦記』 特に、「ほん呪sp2」の感想のなかの『「位牌はあっちやけどやっぱ下がいいっちゃろね」、曾祖母が嬉しそうに言っていた…』の部分ではちょっと暖かい気持ちになってしまいました。

とりあえずコンプ目指します。

どうでもいいこと

職場の入っているビル

これは私の職場の入っているビルです。

私が働いている場所

矢印のところが私の働いている場所です。16Fです。

お金持ち専用マンション区画

赤い部分は、お金持ち専用のマンションになっています。22F以上がそうなっています。

労働者用非常階段

マークした部分には労働者用の非常階段が入っています。

お金持ち専用エレベーター

こちらはお金持ち専用エレベーターが入っています。たぶん奥の方にはお金持ち専用非常階段も入っていると思われます。

さて、ここで注目していただきたいのは労働者用非常階段です。21Fどまりになっています。つまり下には逃げられるけど上には逃げられない構造になっています。

そして、おそらく貨物用エレベーターと管理用の通路以外ではお金持ち専用区画と労働者区画(21F以下)は完全に分離されています。

お金持ち専用の非常階段がどのようになっているのかは不明ですが、恐らく最上階から地下までつながっているはずです。なぜならば、地下にはお金持ち用のフェラーリやベントレーがたくさん置いてあるからです。ちなみに労働者用の非常階段は1Fどまりだったと思います。確認したところB1Fまで行けることがわかりました。

非常階段はとりあえず置いといて、21Fと22Fの間に窓の無い階が存在しているのが確認できると思います。

窓の無い階

なぜこんな構造になっているのでしょうか?

想像なんですが、お金持ち専用マンション区画は中央部分が吹き抜けになっているため、このような開放部分が無いと無吹き抜けの底の方の空気が澱んでしまうからではないでしょうか?

では、その吹き抜けを確認してみましょう。

GoogleEarthで上から見てみました。

吹き抜け

吹き抜けになっているのが確認していただけると思います。

おや?

ヘリポートがありますね。

もし、このビルが火事になったりしたら、屋上からヘリで救出してもらえるかもしれませんね。

あ、

でも、

労働者用の非常階段は21Fどまりなのでそこより上には行けなかったんでした。
お金持ちの人たちは頑張れば屋上まで行けるでしょうし、救出されるかもしれませんけどね。

もしかしたら、労働者区画からお金持ち専用区画に行く経路があるのかも知れませんが、そのような経路表示を見たことはありません。

仮にあったとしても有事の際にまず最初に遮断されるのがその経路でしょうしね。

さて、このビルは住友不動産の所有です。

以前にもこのビルはこのブログで取り上げたことがあるんですが、そのときは「環境に優しい自転車のための駐輪設備が存在しない」という視点でした。

今回この記事を書いたことで分ったことがあります。それは「このビルはお金持ちを『ふははは、見てみろ、まるで人間が蟻のようだ』と言えるような高い場所に住まわせるためのものである」ということです。

恐らく、21F以下はどうでもいいんですよ。21F以下で働いている人なんてどうでもいいんです。だから21Fから上に逃げられる非常階段がないんです。なにかあったときに一番重要なのはお金持ちの安全であって、そのためにしなければならないのは労働者区画との断絶だったわけです。(多分2番目に重要なのはお金持ちのフェラーリです(笑))

21F以下はどうでもいいので、とうぜん駐輪場も存在しません。お金持ちは自転車なんかに乗らないからです。

しつこいようですが、このビルは住友不動産の所有です。同じようなビルをいくつも作ってます。とりあえず「お金持ちには優しい」のは住友不動産のポリシーらしいですね。

2007-02-01

ついに Windows Vista 発売!!

って、どうでもいいんですけどね。Ultimate高杉。

でも、今回はVistaの発売と関係アリ。

実はWindowsMediaPlayer11もVistaの発売と連動してベータ版から正式版に昇格しました!!

で、

全然ダメ。

WindowsMediaPlayer(以下wmp)の動画の変換が下手クソだから今まで色々と小技を使ってやってきたってのに、wmp11正式版では「転送時に変換しない」設定が正式に選択できなくなっていました。

つまり「一般ユーザは何するかわかんないし、とりあえず変なこと出来ないようにしとこう。」というマイクロソフトの考えが具現化されたものなんでしょうか?

それから、監視フォルダをなくすことが出来ないようですね。これでライブラリを完全にマニュアルで管理する方法も失われたということになります。

このテのアプリケーションってのは、出始めに今の私のような意見がよく出てくるものなんですが、ちょっと今回はヒドイかも。

wmp11って半年以上前から英語版は正式にリリースされていたわけで、それで改善されなかったってことは今後も改善されることは無いってことだよね。

う~ん。ここまで使いにくくなっちゃうとさすがにもう擁護できないかも。iTunesでgigabeatに転送できるようにならないかなぁ... ていうかiTunesにつながるようなファーム誰か作ってください。

« 2007年1月 | トップページ | 2007年4月 »

最近のトラックバック

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28