無料ブログはココログ

« 帰省報告(予告編) | トップページ | 帰省報告(ヒゲ編) »

2006-08-20

帰省報告(風呂編)

一応、結婚してからは年中行事になっている夏の富山への帰省であるが、私自身、実家そのものも、そこに住んでいる母親も、寄生している妹もどうでもいいので、どうでもいいのである。

ただ、子供たちが、「富山のおばあちゃん」に会いたいというから帰省しているようなもんである。早く子供たちだけで行けるようになってもらいたいもんである。

さて、今回の帰省の直前に実家の近くに落雷があったらしく、修理を依頼してあるものの、風呂が使えないということで、連日銭湯&温泉になった。親と顔をあわせる時間が少ないのは歓迎なのだが、妹がでしゃばるのがむかつく。いなくなればいいのに。

初日は、近場(といっても車で10分以上かかる)の大きめの銭湯。去年までは平気で女湯に入っていた息子が今年は頑として女湯を拒むのが面白かった。とはいえまだまだプール感覚なので中でははしゃいでるだけなのだが。

二日目は健康ランド(東洋健康ランド(富山店))。ここにいくのは、帰省した際のおきまりになっている。子供たちにはプールがあるのがうれしいらしい。

三日目は、山田温泉のなんとかという公営の宿泊施設。素泊まり一人一泊\3500という格安料金ながら、部屋は広くて豪華(というかキレイ)。ただ、サービスは最悪。こっちは夏休み中だが、施設としては平日である、また翌日が施設の定休日(!)ということで、食事は18:00までしかできないし(それもレンジでチンしたような食事)、翌朝は温泉(とはいえ初日の銭湯よりショボイ)にも入れないし、食事も出ない。妹が勝手に気を利かせてカップ麺を買ってきたのだが、我が家はカップ麺は嫌いでは無いが、朝からカップ麺を食う習慣は無いのである。せっかく買ってきたのに食わないとはどういうことかといわれても、頼んでもいないのに知ったことかという感じである。ますます妹が嫌いになった。死んでしまえばいいのに。

4日目は新潟県の村上に。友人のご実家、および親戚の取材を兼ねて、観光という感じで。宿は海辺の蕎麦屋(笑)。フロはたいしたこと無かったが、置いてあったオレンジオイルのボディーソープは使用後が爽快だった。朝食は姉妹店(豪華なホテル)のバイキング。朝風呂に入っても良かったのだが、時間が無かったのでパス。帰ってからホームページで確認したのだが、かなりよさげなフロで、パスしたのが悔やまれる。とはいうものの、親も妹も居なかったのでとても楽しかった。

5日目はもう帰ってきたので自宅のフロ。なんだかんだ言って、狭くても、全部自分でやんなきゃいけなくても、やっぱ自分家がいちばんくつろげるのである。

« 帰省報告(予告編) | トップページ | 帰省報告(ヒゲ編) »

どうでもいいこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 帰省報告(風呂編):

« 帰省報告(予告編) | トップページ | 帰省報告(ヒゲ編) »

最近のトラックバック

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30