無料ブログはココログ

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006-08-28

TSUTAYA

先々月、先月と、TSUTAYAのレンタル料金が1万円を超えた。

原因の一つにはgigabeatのライブラリを充実させるためってのもあるんだけど、ここ数年間、一切ビデオレンタルというものをしてなかったので、サルのように借りてしまったってのもある。

このような状態が長く続くとも思えないのだが、すぐに終わるとも思えないので、なんとかしなきゃな。なんて思っていたところに TSUTAYA DISCAS のCMが流れてきた。

TSUTAYA DISCAS

TSUTAYA DISCAS とはなにかというと、簡単に言えば、インターネットで注文して、DVD/CDを郵送でやりとりするレンタルシステムだ。

で、何がウリかというと、便利さと安さだろう。

便利さは先に書いたとおり。お店に行く必要が無い。返却もポストに投函するのみ。ポストまで行くのが嫌なら集荷に来てもらえば良い。これについては何の不満も無い。

次に安さだが TSUTAYA DISCAS にはいくつもプランがあって、たとえばMプランだと、月額2079円で借り放題、ということになっている。

「見逃した」あるいは「もう一度みたい」過去の作品が主である私にとっては、うってつけのサービスといえるだろう。一も二もなく「入会」!ポチっとな!と思ったのだが、一応コマゴマと読んでみた。

プランはA,B,C,M,S,S2があり、それぞれ特徴がある。

とりあえずSプランとS2プランは基本的に「延滞アリ」「一枚ごとに料金発生」ということで、インターネット注文+郵送を使っただけで従来のレンタルとなんら違いは無い。SとS2の違いは月額固定料金の有無で、S2の場合は月額945円かかるものの、無料レンタル券が2枚付いてくる。この無料レンタル券の有効期間は半年。Sプランは月額料金は無いが、無料券も無い。DVD1枚のレンタル料金はどちらも525円で10泊11日、月額料金がDVD2枚分のレンタル料金より安いのでS2プランの方が若干お得な気もするが、数ヶ月に一度利用したい程度の人ならSで十分だろう。主にTSUTAYAが遠いけどたまに利用したいという人向けではないだろうか?

したがって、このプランは通勤経路にいくつも TSUTAYA が存在する私にとっては何の意味も無いと言えよう。

次に、A,B,Cプランだが、その特徴は予約が可能なことだ。違いは、Aプランは月額1974円で8枚まで借りられ、Bプランは月額1344円で4枚まで、Cプランは月額1197円で、一回の発送ごとに294円かかるが、一ヶ月に借りられる枚数に制限は無い。AとBの差は純粋に月額料金と枚数のみのように見える。

予約が出来るので新作を借りたい人向けだろうか?ただし、Aプランの人は月5枚以上借りなければ、コストパフォーマンス的にBプランに負けることになる。そういう意味ではBプランの方がバランスが取れているのかも知れない。

残るはMプランだが、これが前述した、月額2079円で借り放題というプランだ。ただし、予約が出来ない。

「予約ができない」というのは「借りよう」と思ったときに在庫が存在するタイトルだけが借りられるという仕組みだ。ありていに言ってしまえばお店に行って借りるのと同じ。あるものだけが借りられるわけだ。ためしに幾つか借りたいタイトルを検索してみたのだが、ほとんど在庫が無く(すでに借りられている&予約が入っている)ため借りることができないことが判明した。まだまだ品揃えが不十分であることを考えるとこのプランも一考の余地がある。

着眼点は良いのだが、どれもこれもってな感じだ。

私が望んでいるのは月額料金固定で(この時点でC,S,S2は除外)、借り放題(これでA,Bも除外)、予約が可能(ひきつづきM,S,S2が除外)なプランだ。

なんだ。無いじゃん。

って思っていたら「オプション」ってのがあった。

一つはA,Bプランに「借り放題」オプションをつけるもの。もう一つはA,B,Cプランの同時に借りられる枚数を2倍にする「ダブル」だ。

ということは、要するに私の場合はAプランか、Bプランに「借り放題」オプションをつければ良いことになる。

ちなみに、ダブルオプションは1050円プラスで、同時に手元に置ける枚数が増えるだけなので、基本的にはあまり意味が無いと考えて問題ないだろう。なが~いシリーズ物(たとえば24とか、フレンズとか)を間断なくどんどん借りる場合くらいしか利用価値を思い付かないのだが、それとてひと月に借りられる上限を超えて借りられるわけではないので、そういう場合は「借り放題」オプションも同時に申し込むことになるだろう。「借り放題」オプションは月額3150円である。ただし「ダブル」との併用では倍額になる。つまり「Aプラン+借り放題+ダブル」だと月額9,324円ということになる。これではあまり魅力を感じない。

ま、とりあえずAプランか、Bプランに「借り放題」オプションをつけるとして、気になるのはその違いだ。

もともと、金額を除けばひと月に借りられる枚数くらいしか違いが無いように見えたのに「借り放題」オプションをつけることによって、その差すらなくなってしまったように見えるからだ。で、もういちど、それぞれのプランの説明をよく読んでみると、Aは「すべてのDVDが借りられる」けど、Bは「在庫のあるものしか借りられない」という差があるらしい。これはどういうことだろうか?Aは在庫の無いタイトルも借りられるのか?いやいや、そんなのは物理的に無理だろう。う~む、ピンとこない。

と、しばらく考えてみたのだが、多分こういうことだろうと思う。

つまり、同じタイトルをAプランの人とBプランの人が予約してたとすると、仮にBプランの人が先に予約リストに追加していても先にAプランの人に貸し出されるということなのではないだろうか?つまり、Bプランの人はAプランの人の待ち行列の後ろに並ばされるわけだ。

この推察がただしければ、Bプランの人は大量に予約していても借りられるタイトル数は限られてくるので月に4枚までというシバリはなかなか的を得たものだとも思われる。

って、考えると、Aプランは、ちょっと高くても新作を借りたい人向け、Bプランは新作も見たいけど7泊8日レンタルになるのを待つタイプって感じだろうか?

私は借りたいものは借りたい方なので、マッチしているのは A+借り放題 =5124円 のプランだろうか?もちろん今よりは遥かに安くなるし、TSUTAYAに行く手間も省けるが、思いのほか安いという気がしない。たしか、旧作を1週間レンタルで450円だったと思うので、本数だけで言えば12本以上借りなければ負けである。はたして、そのペースを維持できるだろうか?いや別にちょっとくらい負けてもいいんだけどね。

なんだかんだ言って決めちゃうかも。1日決算らしいので、来月までになんとかしたいと思う。

「超」怖い話 TV完全版 ⅠⅡⅢ

「超」怖い話 といっても本ではない。

Chokowai

タイトル通りTV放映されたバージョンだ。その完全版らしい。放送では削られた超過激シーンも入っているらしいが、私にはどのあたりがそうなのか分らなかった。

リンク先はamazonで、DVD-BOXだが、私が見たのはTSUTAYAのバラのDVDだ。私が良く行く六本木のTSUTAYA(2店)はJホラーの品揃えが弱くて困る。

が、これは珍しくアタリで、久々に「ホラーの良いの」を観た気がする。この場合、ホラーと言っても、あくまでも「Jホラー」なのだが。

タイトルに『「超」怖い話』と入っているので、平山夢明と無関係のはずも無く、当然原作/監修というカタチで参加している。内容は、賛否両論あるようだが、私は良い意味で平山色が抜けてて良かったのではないかと思った。

たとえば、平山の『「超」怖い話』シリーズを忠実に映像化してしまったら、その辺でよく見かける凡百なオムニバス形式のホラーになってしまったろう。オムニバス形式は作り易いうえ、そこそこ売り上げも期待できるのも確かなのだが、それゆえ突出することは至難の業である。実際、きわめて面白いオムニバス形式のホラーを上げろといわれても上げられない。

本来、TV放映用に作るのであれば、オムニバス形式は最適な形式である。視聴者は1話ごとに恐怖から開放されるからである。

しかし、この作品は、オムニバスっぽい体をなしているものの、登場人物による恐怖譚の収集という設定で、世界観の統一を図っている。ⅠとⅡはそんな形式で進むのだが、徐々に、主人公を取り巻く状況が狂いはじめる。視聴者は開放されない。

Ⅲでは恐怖譚の収集とは異なり、主人公が狂っていく過程や、その娘の動向を中心に描かれる。

主人公が発狂するに至って、ようやくⅠの冒頭部分の意味が明らかになる。通常このような倒序手法を取る場合、冒頭のシーンが出てくればそれで話がおしまいになる場合が多いのだが、そこで終わらなかった。

これ以上細かく書くとなんらかのネタバレになってしまうので書きにくいのだが、とりあえず最後はハッピーエンドである。

最後がハッピーエンドってことで、とても視聴後感の良いホラーでした。ホラーっていうか、ホラーの設定を借りたドラマかな?違うか。

「イエスのビデオ(上・下)」読了

読み始めてずいぶん経ってしまった。

イエスのビデオ(上) イエスのビデオ(下)

というのも、上巻を読み終わった後、下巻にとりかかったところで、gigabeatを入手し、仕事が忙しくなり、あまつさえ下巻を紛失しさえしたからだ。

「ダ・ヴィンチ・コード」を読み終わった直後から読み始めたような気がするので、たぶん4ヶ月近く中断していたんだと思う。ま、ふとしたことで見つかったんだけど、まぁ、私の行動パターンなんてたいしたこと無いってことか。

良く知らないけど、ドイツSF界では名の通った作家らしい。上下巻に分かれているし、結構期待して購入した。

で、内容なんだけど、「起」「承」「転」「結」の「起」「承」「転」まではよかった。難点が無いわけでもないけどね。

でも、あのオチは承服できない。

通常出版社は本を出版するにあたって、発刊スタイルを変えることが可能であれば、最大の利益が上がるようにするものである。

枚数の多い小説の場合、上下巻にしたり、上中下巻にすべきだと思うが、上巻のみを買った人が下巻を買わない確立が高いと判断されると、分厚くなっても一冊で刊行することもある(と、思う)。

そういう意味では、上下巻に分かれている本書の(上)はそれなりに面白いと判断されたんだろう。確かに良く出来ている。

でも、あのオチは承服できない。

なんか、「リング」みたいで嫌な感じだ。

多分、私が宗教不要論者だからだろうと思うが。
せっかく大活躍した主人公たちが、最終的にはキリストに洗脳されて終わるというのはどうだろうか?

ということで、点数をつけるとすると、100点満点中50点ほど。

設定が良いだけに残念な作品。10年後に読み返して「あ~このころってまだSONYあったんだよねぇ」なんてことにならなければいいが(笑)

たぶんイーガンなら、あのエンディングだけを20ページほどの発端にして800ページほどのハードSFにしちゃうんだろうになぁ、なんて思った。

2006-08-22

放射能免除講義や箪笥饅頭申請表貼り付けで噂の暴力団拿捕

SJISで2バイト目に\を含む文字を使った言葉(意味なし)

2006-08-21

「神様のパズル」読了

新進気鋭とはとてもいえない(私よりも年上の!)新人SF作家の処女作である。

Kamisamanopazuru

人によって評価は分かれるようだが、私は文句なしに楽しめた。っていうか、SF好きを自称しているくせに小松左京賞受賞作を文庫になるまで知らなかったほうが恥ずかしい。

内容は、「宇宙は作れるか?」をテーマとした学園モノ(?)である。昔、眉村卓が良く書いていた、高校生が主人公の一連のシリーズものに近い雰囲気を感じた。恐らく、作者の機本氏の原点もそのあたりではないかと思うのだがどうだろうか?設定は大学なのだが、ヒロインが飛び入学の天才少女なおかげでややアダルト感は抑え目になっている。

ちょっとオチの脳天気さには納得いかないものがあるが、ハッピーエンドは嫌いじゃないので良しとする。

ちなみに、このヒロインだが、セリフ回しが「ジャングルはいつもハレのちグゥ」のグゥに似ているため、ついつい脳内キャラがグゥそのものになってしまって、時々「この子は16歳。生意気だけど結構可愛い。ツンデレツンデレ。」と補正しなければいけなかった。

SFなので最新の宇宙論も名前だけは登場する。M理論とかである。ちなみにこのブログの名前である「n brane theories」だが、このM理論から取っている。そのためか、アクセス解析を見ると、たま~に、海外のとってもお堅い研究所の方が見に来てくれてたりして面白い。

後二冊出ているようなので読んでみようと思う。

2006-08-20

帰省報告(富山編)

墓参りして、本家に挨拶して、親や妹がまだ居ることにうんざりしておしまい。
思い出そうとしても、富山に居る間、笑ったかどうか思い出せない。

そうそう、健康ランドの近くで妻のブログ友達と会った。ちょっと楽しかった。多分その経緯は妻が書くと思う。

家族だけで行動した部分については結構楽しい記憶として残っているのだが、親や妹が絡むととたんに嫌な記憶しか残らないのはなぜだろうか?

富山での唯一の収穫は、このところ忙しくて読むことの出来なかったグインサーガの108巻109巻を連続読破できたことだろうか?

せめてもの救いは子供たちが楽しそうにしていたことだろうか?とはいえ、さすがに富山での最終日あたりには妹のいじましさに辟易していたようであるが。

印象的だったのは富山では NintendoDSLite が普通に買えること。帰省する直前にイトーヨーカドーに行ったのだが、さすがにもう抽選は無いみたいだけど即日完売、次回入荷未定だったのと比べると在庫たっぷりって感じ。

妹に言わせると、「ゲームばかりしてると頭が変になる」そうだ。だからゲーム機を持たせて居ないのか?でも、息子のDSで寝る間も惜しんで遊んでいたのは妹の子供の方だったのだけどね。そればっかりになると問題もあるが、ゲームも子供たちのコミュニケーションツールなのだから1個くらいは買ってやれよと思った。

そういえば本家(仲人でもある)に挨拶に行った際、子供たちは退屈だろうということで、PS2で遊ばせて貰ったのだが、息子はそれがとても面白かったらしく、別の日にショッピングモールのおもちゃ売り場に行った時に「TVでやるゲーム」をせがまれた。おもちゃ売り場で駄々をこねたのは久しぶりだったので、思わず「よし、じゃ、パパがwiiを買ってやる」と約束してしまった。ま、PS3では無いのでそれほど痛くは無いのだが。

帰省報告(ヒゲ編)

帰省中、ヒゲソリは持っていったものの、なんか面倒くさくてヒゲをそらずにいたのでこんなんになりました。

Hige

子供たちは気に入ってくれたようで、ぞ~りぞりして楽しんでいます。

帰省報告(風呂編)

一応、結婚してからは年中行事になっている夏の富山への帰省であるが、私自身、実家そのものも、そこに住んでいる母親も、寄生している妹もどうでもいいので、どうでもいいのである。

ただ、子供たちが、「富山のおばあちゃん」に会いたいというから帰省しているようなもんである。早く子供たちだけで行けるようになってもらいたいもんである。

さて、今回の帰省の直前に実家の近くに落雷があったらしく、修理を依頼してあるものの、風呂が使えないということで、連日銭湯&温泉になった。親と顔をあわせる時間が少ないのは歓迎なのだが、妹がでしゃばるのがむかつく。いなくなればいいのに。

初日は、近場(といっても車で10分以上かかる)の大きめの銭湯。去年までは平気で女湯に入っていた息子が今年は頑として女湯を拒むのが面白かった。とはいえまだまだプール感覚なので中でははしゃいでるだけなのだが。

二日目は健康ランド(東洋健康ランド(富山店))。ここにいくのは、帰省した際のおきまりになっている。子供たちにはプールがあるのがうれしいらしい。

三日目は、山田温泉のなんとかという公営の宿泊施設。素泊まり一人一泊\3500という格安料金ながら、部屋は広くて豪華(というかキレイ)。ただ、サービスは最悪。こっちは夏休み中だが、施設としては平日である、また翌日が施設の定休日(!)ということで、食事は18:00までしかできないし(それもレンジでチンしたような食事)、翌朝は温泉(とはいえ初日の銭湯よりショボイ)にも入れないし、食事も出ない。妹が勝手に気を利かせてカップ麺を買ってきたのだが、我が家はカップ麺は嫌いでは無いが、朝からカップ麺を食う習慣は無いのである。せっかく買ってきたのに食わないとはどういうことかといわれても、頼んでもいないのに知ったことかという感じである。ますます妹が嫌いになった。死んでしまえばいいのに。

4日目は新潟県の村上に。友人のご実家、および親戚の取材を兼ねて、観光という感じで。宿は海辺の蕎麦屋(笑)。フロはたいしたこと無かったが、置いてあったオレンジオイルのボディーソープは使用後が爽快だった。朝食は姉妹店(豪華なホテル)のバイキング。朝風呂に入っても良かったのだが、時間が無かったのでパス。帰ってからホームページで確認したのだが、かなりよさげなフロで、パスしたのが悔やまれる。とはいうものの、親も妹も居なかったのでとても楽しかった。

5日目はもう帰ってきたので自宅のフロ。なんだかんだ言って、狭くても、全部自分でやんなきゃいけなくても、やっぱ自分家がいちばんくつろげるのである。

帰省報告(予告編)

月曜から金曜まで、帰省してました。

帰省レポートはもちろん書きますが、その前に簡単に写真を2点。

まず、帰り道に撮った空の写真。交差法で立体視できます。

空の写真

それから、帰り道に撮ったトンネルの入り口の写真。

私の実家は富山なのですが、関越から北陸自動車道に入ってしばらくすると26個のトンネルが連続する部分があるので、その26個の入り口部分を撮ってみました。

北陸自動車道26トンネル

といことで、とりあえず。

待て次回。

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

最近のトラックバック

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28