無料ブログはココログ

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006-05-31

職場で話題沸騰

Googleの検索結果

gigabeat キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!

ついに出ました(というか発表されました)。30GHD搭載のワンセグも受信可能なプレーヤー。

デジタルオーディオプレーヤーの新製品「gigabeat(R) V30T」の発売について

とはいうものの、一旦60Gモデルの購入を考えてしまったあとで、30Gモデルの購入はありえないし、それになによりデカイ。幅12cmもある。携帯音楽プレーヤーというか、小型TVですね。

ま、映像は携帯するにしても大きい方が楽しいわけですが、筐体が首からぶら下げるのに不自然なサイズになってしまうと問題アリですね。これを買うなら、ワンセグ受信可能な60GHD搭載でビデオも再生可能なPDAの登場を待ちます。

gigabeatって名前をつけてるんだから、もっとライトウェイトな感じにすべきだったのではと思いますね。ターゲットを絞り込めてないって感じでしょうか?

ということで、余り欲しくありません。でも、60Gでサイズが体積で半分になったらチョー欲しいです。

2006-05-24

iDon't

アンチアップルで、アンチソニーで、アンチ野球な私ですが、やっぱ最近一番気味が悪いのが iPod ですよね。

電車の中なんかで、周りが全員同じ「あのヘッドフォン」してたりすると「うわ、こいつら全員洗脳されてる。今iPodユーザがジョブスの指令で動き出したら、俺殺される」とか思って、薄ら寒いものを感じますよ。ま、実際、近いものがあるんだと思いますけどね。たとえばiPodユーザのMac所有率と非iPodユーザのMac所有率を比較すると前者が20%を超えるのに対して、後者は1.2%にしかならないという私の直感がそれを裏付けています。

そんななか、ようやく始まったようですね、アンチiPodキャンペーン。

アンチiPodキャンペーン「iDon't」始まる
iDon't

Creativeが思いつきで初めて、rioやi-riverなんかが工夫を重ねてなんとか形成してきた携帯デジタル音楽プレーヤー市場を「デザイン」と「ネームバリュー」だけで席捲し破壊したiPodなんて私は買いませんからね。(ちょっとココロが揺らいだときはあったが。ありがとう>東芝。)

てか、Microsoftにはあんなに厳しい(主にアメリカや欧州の)消費者団体はAppleにはなぜ寛容なんでしょうか?カネでも貰ってるのか?それとも現物支給か?孫がiPodを欲しがってる偉いさんに最高級iPodをMac付きで送りつけるとかか?

ま、そんなことはおいといて。

Appleの策略にまんまとはまって「あのヘッドフォン」を装着してる人たちを「iSheep」とか「iChimp」とか言うらしいですね。で、さっそく一人みつけましたよ。これ。(小寺信良のコラム好きだったんだけどなぁ。これってSF映画とかで信じてた人が実は既に宇宙人に乗っ取られていたってときの感じだろうか?)

ミュージックキャリー

シャープから、ラジカセっぽい音楽プレーヤーが発売になる。

シャープのプレスリリース

まぁ、なんてことないんだけど、割り切り感が良い。無駄な機能というと語弊があるけど、余り使わない機能をざっくり削ったという感じだ。

SDカードスロットくらいはあっても良かったののかもしれないが、そんなのはパナにやらせておけばいいだろう。もしかしたら中にはSDカードが入ってるかもしれないけどね(メモリ実装容量の違う基板を2種類作るよりはスロットを設けて規格品の(量産可能な)SDカードを刺す方が安く上がりそうな気はする)

欲を言えば、USBオーディオ機能をサポートして欲しかったかな?PCの外付けFM/AMチューナーとして使えれば伊集院ファンが飛びつくこと請け合いなのに。ま、このままでも十分ではあるが。

1Gモデルでも1万円台ということなので、買っちゃうかも。

ヨーロピアンブラック

「ニンテンドー DS Lite」が北米で6/11、欧州で6/23に発売になる。

ニンテンドーDS Lite、欧州で6月発売。黒モデルも(ITMedia)

本体カラーは北米版は白、欧州版は白と黒らしい。なぜ、地域によってバリエーションに差を付けるのかは良く判らないが、黒は是非日本でも発売してもらいたいもんだ。

で、ふと思い出したのがこの記事。

ニンテンドーDS Liteハードウェアレポート(PCWatch)

何が言いたいかというと、つまり「ニンテンドー DS Lite」はバラしやすいということだ。

基板のデザインが変更されるとは思えないので、筐体は日本版も欧州版も互換性があるはずだ。

ならば、ヨーロピアンな黒と、日本の水色を手に入れて外側を交換してしまえば、「日本の黒」「ヨーロピアンな水色」が出来て、どちらもスペシャルな感じがするじゃないか?

そもそも手に入れるところが既に難しいという問題はあるが、改造自体は難しく無いだろう。

あとは、外側が白、内側黒、及びその真逆、上が白、下が黒及びその真逆等も考えられる。

どうだろうか?

2006-05-22

プロテクター

と言ってもSFネタでは無く自転車ネタである。

昨日、靴を買うついでにトイザらスに行き、アイロンビーズを買うついでに息子用のプロテクターを買った。本当は自転車用がいいんだろうけど、いいのが無かったのでローラーブレード用というのを買った。1000円くらい。

手の甲、ヒジ、ヒザをプロテクトしてくれる。ヘルメットはもともと持っているのでほぼ完全防御。手はグローブの方が良いと思うんだけどね。

なぜ、こんな装備が必要なのかというと、補助なしの練習をするためだ。

息子はほぼ補助なしで乗れてるんだけど、転倒の恐怖から、補助を外すと乗れないというジレンマに陥っていたのだ。で、そのジレンマを断ち切るためにプロテクターを買ったというわけ。つまり転倒が怖くなければ補助なしの練習が出来るだろうという目論見だ。

結果的には、あっけないほどすぐに乗れた。っていうか最初から乗れた。漕ぎ出しはまだ上手く出来ないけどすぐカーブもできるようになったし、ブレーキもかけられるようになった。ローラーブレード用のプロタクターのせいでブレーキはかけにくそうだったけど。

問題は、今乗ってる12インチの幼児車だ。ある速度に達するとペダルが速すぎて足が追いつかなくなる。

息子はカラダが小さいのでまず16インチにアップグレードってところか?

で、考えてるのが、ルイガノのLGS-J16。RENNRADもいいかな?と思ったんだけどもう乗れるし(RENNRADは練習用の機能が豊富)。LGS-J16に慣れておけば、そのあとどんなMTBにでも乗れるだろうし。

2006-05-18

ググったり。トホホな気分になったり。

まず、ググってみた。

"LIMIT OF LOVE 海猿" の検索結果 - 2210000件
"LIMIT OF LOVE 野猿" の検索結果 - 1件
"LIMIT OF LOVE ピポザル" の検索結果 - 0件

そして、ちょっとトホホな気分になってみる。

「ホホホ」と書いて、ぼ~っと眺めて、「ろっぽんぎ」と読んでみる。ちょっと「ろっぽんぎ」な感じがすると、どこからか、そこはかとないトホホ感が湧き上がってくる。

ちょっと上級者向けなので、初心者の人にはあまりお勧めできませんが。

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

最近のトラックバック

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28