無料ブログはココログ

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006-04-24

「ブルー・ストーン」読了

ひさしぶりに絵本を買った。

Bluestone

私が、SFやホラー以外の本を買う場合、表紙買いが多い。この本はまさにそういう感じ。普段余り近づかない絵本コーナーに積んであったこの本の表紙につつーって引かれてその場で70pほど立ち読み。

この絵本は、絵本だけど140p近くある。文章はとても少ないけど、ちょっと難しい漢字が使われてるので子供向きでは無い。絵はとても綺麗だけど悲しい絵が多いのでやっぱり子供向きでは無いと思う。

主題は「別れ」と「尽きぬ思い」だろうか?よく言われる「無くした半分」を求めるストーリーなのだが、いかんせん主人公は「石」なので自分で動くことが出来ない。「帰りたい」と思ったときは砕けることしか出来ない。最後はとても寂しいハッピーエンドになるんだけど、ちょっと「中島みゆき」の「異国」を思い出した。

前述したとおり子供向けではないが、できれば中学生くらいになったら読ませたいと思える本ではある。

「ダ・ヴィンチ・コード」読了

とても楽しく読めました。がっ...

ダ・ヴィンチ・コード(上) ダ・ヴィンチ・コード(中) ダ・ヴィンチ・コード(下)

どのへんが「ダ・ヴィンチ・コード」なんですか?私はてっきり「レオナルド・ダ・ヴィンチ」が「モナリザ」や「最後の晩餐」やその他の作品に仕込んだ歴史的な暗号を解いていく話だと思ってましたよ。とりあえず「最初の鍵」はダ・ヴィンチの絵の裏に隠されていたようですが、それ以降はダ・ヴィンチは基本的に関係ないじゃないですか。(その鍵さえ「経験的に」見つけたわけで、ダ・ヴィンチの作品である必要は無い)

ま、面白かったからいいんだけど。

でも、良く考えたら、話の展開が単純過ぎないか?途中で「突然出てきた唯一の加護者が実は…」とか、「いかにも悪っぽい警察幹部が実は…」とか、「憎むべき殺人者が最後には…」とか、映画にしたら面白いとは思いましたけどね。だから映画になるんでしょうけど。

それから最後の××の隠し場所が実は○○○○だってのは中巻を読み終わるころには確信してました。明確にはされませんけどね。

ま、本筋ではないですし。

後知恵なのでそう感じるのかもしれませんが、本編内では「暗号の天才」として描かれている某氏ですが、実はそれほどでも無く感じました。特にAPPLEじゃなくってEARTHの方がより良い暗号ではなかったと思いますね。Aで始まるってことは、総当りでチャレンジする場合組み合わせを一個減らすのに相当しますからね。

ま、面白いから何でもありなのかと。

しかも「謎を解いていく過程で△と▽が出会うようになっている」というのも面白さの一つなんでしょうけど、安易過ぎます。わざわざ死んだふりまでして隠したのに。そもそも▽の□や◇が殺されたのなら、そのときに一緒に△や▼も一緒に死んじゃったってことにしたってバレバレじゃんよ。というのもありました。

基本的に突っ込みどころ満載ではありますが「楽しい」と。その一点において全て許されている感じがします。

あ~、そうそう。映画もあれだ。トムハンクスだっけか主人公やるの?歳はいいんだけど風貌が歴史学者っぽくなくて違和感。別に歴史学者がこうじゃなきゃってのはないんだけど、私のイメージとは全然違っていたということで。

総括すると、楽しいんだけど、読後感がつまらないというか。ちゃんとした料理じゃなくってたこ焼きとかお好み焼きみたいな感じ。すぐにおなかがすいちゃう、みたいな。

おすすめではあるけど、近くに持ってる人が居たら借りて読めば十分なんじゃないの?って感じでした。

私は買いましたけどね。

で、うっかり(中)がダブっちゃったので、プレゼントします!あくまでも(中)だけ。(中)だけ欲しい人はコメントに「(中)クレ」と書いてください。複数応募があった場合、私が独断で当選者を決定します。あくまでも(中)だけですよ(しつこい)。

なんか、書き足したらグダグダの文章になってしまいましたね。

2006-04-21

パーラービーズHappyアイデアブック

という本が出ます。

パーラービーズHappyアイデアブック/宝島社

mashiro☆ 監修(?) 図案とイラスト提供 (たぶん企画も?) です。

私の作品もいくつか紹介されてます。

買ってね!

2006-04-19

♪ひとくちたべたらわすられぬ~

今日のニュースで一番「目」を引いたのがこれ。超クール!

博多名物・にわかせんぺいに「アイーダ」の顔

他にもいろんなバリエーションが作れそうだ。

2006-04-17

ダメな理由

今年の初めに「今年の手帳」というタイトルで記事を書いた。

メモ帳を数冊、手帳を一冊、メモ帳専用のバッグ(ベルトにぶら下げるやつ)を買った。ま、合計1万円くらいの出費だろうか?

結局今はメモ帳を持ち歩いていないので、今年も失敗したってことだろうか?

でも今年は私が手帳とかメモとかがダメな理由が明らかになったような気がする。要は自分の字が嫌いなのである。

もちろん丁寧に書けばそれなりに読める字は書けるのだが、いかんせん20年以上にわたるパソコン生活の影響で字が書けない(読めるけどね)。急いでないときはパソコンで調べつつ書けばいいのだろうが、いつもそんな風にできるわけでもないし。急いで書くとひらがなばっかりのぐちゃぐちゃになってしまって結局読めないのだ。

とどのつまり、PDAを買えと。そういうことなのかも知れない。ふと思い出すと20歳代後半に使っていた電子手帳はそれなりに使いこなしていたように思う。

とはいうものの、PDA冬の時代である。ケータイが高機能になったので、PDAからケータイに乗り換える人が多いからだ。去年はちょっと盛り返したらしいが、理由は「W-ZERO3」が好調だったかららしい。一社の一製品が好調だったくらいで業界の売り上げが上向きになるくらいなんだから、いかに全体として売り上げが少ないかわかるだろう。

選択肢はだいぶ少なくなったとはいえ、まだいくつかあるわけだが、結局私もPDAを買うと決めたら、今はW-ZERO3になると思う。ケータイとPDA両方持つのはうざったいし、ありがちなPDAのようにスタイラスでしか入力できないのも面倒くさい。となると、W-ZERO3しか選択肢は無かったりする。さすがSHARPは目のつけどころがシャープなのである。

2006-04-12

gigabeat キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!

ついに出ました(というか発表されました)。60GHD搭載のビデオ再生可能なプレーヤー。

HDDオーディオプレーヤー「gigabeat(R)(ギガビート)」新シリーズの発売について

Appleが60GHDを買い占めている(憶測)ため、東芝以外のメーカーは事実上60GHD搭載プレイヤーを作ることが出来ない。従って東芝が出すのは当然といえば当然。

ただ、これまでは大口顧客であるAppleに対して遠慮していた部分もあったのか、iPodの型落ち的な性能のものしか出していなかったようだが、次世代DVD規格で敵に回ったAppleにはもう遠慮する必要も無いってことか。OSにWindowsMobileを搭載したのも印象的だ。

いや、そんな政治的なことはどうでも良い。

スペックを見る限り結構いい感じ。モニタが縦長なのは意見が分かれるところだと思うが、恐らく問題ないだろう。USBで充電できるのも(今となっては当然だが)良い。携帯音楽プレイヤーとしてFMラジオ機能を搭載するのは当然として、ボイスレコーダ機能はあるのだろうか?Windowsとの連携機能も楽しみなところ。簡単なスケジュール管理が出来るようならOutlookを導入してもいいかも。

とりあえずAppleが嫌いで(Appleと言う会社はともかくAppleの製品が嫌い)、SONYも嫌いで(昔のSONYはともかく今のSONYが嫌い)で、当然BlurayDiskが嫌い(嫌いっていうかイヤ)なので、当然HDDVDが良いなと思うまでもなく、我が家のHDDレコーダは全部東芝製だったりして、それは置いといても東芝とはちょっと縁があったりして、デジタルビデオ関連製品は全部東芝に囲い込まれてもいいなと思っていた私にとって、大容量の携帯ビデオプレーヤーを考えるたびに「結局iPodしかねーのか」ってならなくて良い分だけ精神衛生的にとても良い。

買っちゃうかも♥♥♥

OpenOffice.org 2.0

OpenOffice.org 2.0を使ってみた。

Calcだけだけど。CalcっていうのはMicrosoftOfficeで言えばExcelに相当する製品。

見た目は良いんだけど、中身がまだまだだ。さすがにMicrosoftOfficeは値が張るだけのことはあるなぁと、しみじみ思った。

どう、「まだまだ」かというと、表層的な機能はそこそこOKなんだけど、ちょっと掘り下げて使おうとすると「痒いところに手が届かない」感じ。

個人的には、キーボードショートカットがMicrosoftOfficeと異なっていたり、そもそも無かったりという場合が多く、Excelをほとんどキーボードだけで操作する私としては大きなマイナス要因となった。

ただ、メニューの配置についてだけ言えば、不自然な感じはするが、慣れもあるし、カスタマイズできるのでなんとかなるのかもしれない。

一番問題なのが「安定性」で、今回一時間程使ってみたのだが、そのわずか一時間そこそこの間に2回「応答なし」になってしまった。そのうち1回は結局コントロールが戻らず強制終了することになり、入力してデータは消えてしまった。業務で使うなら変更するたびに保存しなければならないだろう。

Javaが使えたり、魅力的な点も無くは無いのだが、開発グループには、もっとがんばってもらいたいと思う。

新PCを組んだときには「最近(Microsoft)Officeって全然使わなくなっちゃったからさぁ、OOoにしようと思うんだよねぇ」なんて言ってたのだが、いざ使う段になると、やはり手に馴染んだものが一番と言うことになるらしい。

ちなみに、MicrosoftOfficeを最も安く入手するなら「これ」。ただし、プリインストール版Office2000からのアップグレードにはちょっとコツが要るらしい。うちには小学生が二人も居るので、「これ」も結構良いかも。

2006-04-11

PerlerBeads関連で

とても良いアイデアを思いついたような気がするけど、ココでは書けない。
ちなみに、Hamaではなく、Perler限定。

2006-04-10

シナジー効果

「息子が幼稚園を卒園して小学生になった」のと「私のお弁当袋がズタズタになった」ことのシナジー効果として、私のお弁当袋がポケモンのお弁当袋になった。

シナジー効果がどういうものであるのかは良く判りませんが、なんか使って見たかったので使ってみました。

ちなみに、ポケモンのお弁当袋、ぱっつんぱっつんです。

蒟蒻畑ライト

相当なデブなので、ダイエットしたほうがいいんだけど、意思も弱いのでなかなか踏み切れない。

せめて間食で摂取するカロリーを減らせないかと「蒟蒻畑」をラクったら(楽天で検索するの意)、「蒟蒻畑ライト」なるものを発見した。( マンナンライフ )

蒟蒻畑ライト ぶどう味 蒟蒻畑ライト りんご味 蒟蒻畑ライト 白桃味

え~っ!!

「蒟蒻畑」は「蒟蒻畑ライト」のなんと 三倍 もカロリーがあるってことで、それってすなわち「蒟蒻畑」は「蒟蒻畑ライト」よりもダイエット効果が少ないってことじゃないですか?(いやそもそもダイエット効果があるとしてですが)

なんか、他社がね「この商品は蒟蒻畑の三分の一のカロリーしかないんですよ」って新製品を作るのは全然問題無い気がするんですけど、わざわざ自社製品のセールスポイントをスポイルするような新製品を出さなくても!と思うのは私だけでしょうか?それとも現在流通している「蒟蒻畑」の在庫がなくなりしだい「蒟蒻畑ライト」が「蒟蒻畑」の次世代版として販売されるんでしょうか?てことはもしかしたらこれから「蒟蒻畑」の価格が暴落する?今が「買い」なのか「待ち」なのか?微妙なところだ...

あ、「蒟蒻畑ライト」を買えば良いのか?

2006-04-05

ORA-01779

Oracleで「ORA-01779: キー保存されていない表にマップする列は変更できません」が発生したのでググってみました。

いくつも見つかりますが印象的なページがあったので紹介します。

Oracleのヴューアップデート文に関するエラーの回避方法なんですが、どちらのページでも対処方も同じで、注意点も同じです。

でも、圧倒的に「ORACLE MASTER さくら」の方が親しみやすいです。

ちなみに、「Oracle」と書くと、二人の人が左側を向いて土下座しているように見えます。前の人は頭が大きくて、後ろの人は額を地面にこすり付けんばかりです。一体何をしたんでしょうか?

ちなみに、「 orz 」とか「 ○| ̄|_ 」は一般に「 失意体前屈 」と呼ばれるようですが、これを「 屈伸体 」と言ってはばからず、なおかつ「 好き 」であると表明するバカが居るのは秘密です。なんかヤなのでリンクも張りませんが。

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

最近のトラックバック

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28