無料ブログはココログ

« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »

2005-10-25

予約した

某SNSの某コミュに書き込んだのですっかり書いた気になっていたがまだ書いていなかったので簡単に書いておこうと思う。

先日、会社自転車(二代目)はどれにしようか迷ってるようなことを書きました。( 「し、しまった...」参照 )

結局その週の金曜にprotech六本木店に行ってLGS-RSR4(2005年モデルではLGS-RSR V4)を予約してきました。

ま、年式は違うものの中身はそんなにちがわねーだろ?みたいな感じで。

あ、MV2ではなくRSR4になった理由は、やはり車道での性能ですね。どちらのほうが心理的に車道(特に都心の)を走りやすいかで選びました。

で、RSR4ですが、「年式は違うものの中身はそんなにちがわねーだろ」と思っていたものの比べてみるとけっこー違ってました。

先ず、フレームの形!

トップチューブとダウンチューブが5cmほど引き上げられています。その結果ハンドルの位置も若干(おそらく4cmほど)高くなっています。

BBの位置とシートチューブの角度は変わってないのでサドルの位置は変わりません。したがってライディングスタイルは若干アップライトな感じになるはずです。

そのためかどうかはわかりませんが、2005年モデルにはついていたバーエンドバーが無くなっています。

あとは前ギヤの色が黒から銀色になったことくらいでしょうか?ただこの変更によって側面からの精悍さが若干損なわれたように思います。

他は大きく変わった点はないようです。とはいうもののフレームの形が変わるなんてチョーびっくりですけどね。もしかしたら2005年モデルの売れ行きが悪かったのでちょっと乗りやすくしてみました。って感じなのかもしれません。ま、基本は街乗りなので無問題ですが。

2006年モデル

2005年モデル

最近はやりの重ね合わせ


2005-10-24

運動会

昨日(2005/10/23(日))は息子の幼稚園の運動会でした。

快晴

実はそもそもの予定は先々週の日曜だったのですが、雨で二度も順延となり、ようやく晴れた!って感じです。二度順延になったからかどうかは知りませんが、もう、これ以上無いってくらいの快晴で、10月も下旬とは思えないくらい暑かったです。日焼けもしてしまいましたし。

さて、我が家の主役の息子ですが、二年保育で年長さんなので今年が幼稚園での最後の運動会ということになります。しかも去年は運動会当日に熱を出して休んでしまったので、幼稚園での最初で最後の運動会になってしまいました。

ただ、残念なことにその最初で最後の幼稚園での運動会にケチが付いてしまいました。

うちの息子は走るのが苦手です。本人は一生懸命なんだろうけど、いかんせん遅い。クラスの男の子の中で一番背が低いってのもあるんだけど、基本的に走ったりするのは苦手。

練習でもかなり中途半端に走ったらしくて、見ていたお母さん方や、先生からも「もう少しちゃんと走れるように練習してきてください」って(強い調子で)言われる始末。そのうえ練習で一度もビリ以外になれないからか、クラスの子からもいろいろ言われり、小突かれたりしたようで、寝る前に「走りたくないよう」と言って泣いたりもした。

勝つのがそんなに大事ですか?なんなら当日休ませましょうか?ただそのときは卒園までず~っと休みますからね。っていうか幼稚園もやめさせますよ。とかそんな話までしていました。

ま、結局は本人がやるっていうので、何度か近所の公園で走る練習をして、当日に臨んだわけですが、結果は惨敗。競走では常にビリでした。

最後まで走るとか、トラックに沿って走るとか、「ちゃんと走ること」は出来るけど、急に速くなるのは無理ですからね。でも、以前にくらべたら、本当にかなりちゃんと走れましたよ。あれでクラスが負けたのが私の息子のせいだっていうんなら本当にそんな幼稚園やめさせますよ。

それに、とてもよく頑張りました。

競走では背の順に走ります。クラスの男の子の中で一番チビのうちの息子はいつも一番最初に走ります。でも足が遅いのでビリになります。普通は一回だけ走るのですが、クラスごとに微妙に人数が違うので人数あわせのためにうちの息子はもう一度走ります。背の順なので最後に一緒に走る他の子はうちの息子よりも明らかに頭一個分大きい子ばかりです。当然ビリになります。しかもアンカーなのでみんなゴールしたあと、ひとりで走るのは凄くイヤだったろうけど、それでも歯を食いしばって走ってました。一度も泣きませんでした。

ちょっと感動してしまいました。

ちゃんと成長しているんだなぁと思いました。

それに意外と人気者でした。みんなから「がんばってね」「二回走んだぞ」って言われて「うん」「がんばる」っていいながらグっと握りこぶしを見せていました。

運動会が終わったあと、用意しておいた金メダルを「頑張ったから、パパからは金メダル」と言って首にかけてあげました。

金メダル

世の中には「勝つ」ことを教えるものがいっぱいあります。必勝法とか受験テクニックとかそういう類のです。内容は「勝つ」こと一辺倒な場合がほとんどです。そんなに勝つことは大切ですか?たまに勝って、たまに負けて、そういうので良いと思うんですけどね。

せめて「勝つ」方法を教えるんなら「良い勝ち方」を教えてほしいです。勝つ人がいるからには負ける人もいるわけですから。

それから「適当」や「いい加減」っていう言葉があります。普通良くない意味で使うコトバですが、でももともと「適当」ってのは「適切に対処する」って意味だと思うし(参考)、「いい加減」ていうのも「ちょうど良い加減」であったはずです。

闇雲に頑張ることばかりを美徳として、一息ついたり休んだりすることを手抜きだ、悪だ、と考えるような風潮が今の「適当」や「いい加減」の意味の発生につながったような気がします。

頑張れる量は人によって違いうから、自分ひとりで頑張るのはかまわないけど、同じペースを他の人にも押し付けないでほしいです。それに同じように頑張れないというだけで悪者にしないでほしいです。

我が家ではこれからも、本来の意味で「適当」に頑張って、「いい加減」に生きていこうと思います。

2005-10-20

ヤマトヌマエビが抱卵しました

メダカ水槽にコケ対策要員として入れていたヤマトヌマエビが抱卵しました。

yamatonumaebi

難しいのは知っていますが飼育にチャレンジしてみようと思います。

大まかな手順は次のようになります。

1.待つ

お母さんエビを隔離するタイミングを待ちます。あまり早く隔離すると母さんエビは卵を放出しにくいそうです。発眼してから2週間くらいが良いらしいです。

2.隔離
お母さんエビに卵を放出させるために隔離します。通常は隔離後すぐに放出するらしいです。卵をの放出を確認後、お母さんエビは元の水槽に戻します。

3.孵化
放出された卵を汽水で孵化させます。ブラインシュリンプと同じ要領ですが数日かかることがあるので毎日換水します。

4.ゾエア期
孵化した幼生(ゾエアといいます)を分離し飼育します。孵化のときとは違ってエアレーションは非常に弱めです。ウィローモスを大量に入れるといいらしいです。毎日換水します。

5.淡水化
数回脱皮して3~5mmくらいの稚エビになったら徐々に水を淡水化します。大体の目安は一日に1/10を淡水に交換していくといいらしいです。最初の汽水を75%海水とすると、1/10換水で10%海水になるまで20日を要します。

6.稚エビ期
まだまだ小さいので、メダカのエサにならないサイズ(1cmくらい?)まで飼育します。

すっげー大変。ちなみに参考にしたのは(っていうかそのままですが)ここ(えびみち) です。むちゃくちゃ参考になりました。

あと、 水産無脊椎動物学研究室 のFAQによると、お母さんエビ一匹からとれる卵を飼育するのに60cm水槽が必要だそうです。無理ですそんなの。

で、問題点を考えてみました。

まず、今の水槽ですが、ちっさいです。今月中をメドに40cm水槽に交換しようと思っていたのですが、環境が激変するとおかあさんエビが卵を放出してしまうので出来なくなりました。

濾過器もそろそろ掃除したかったのですが、濾過器のドロドロがゾエアや稚エビの良いエサになるそうなので止めました。

お母さんエビを隔離するのは小さい淡水水槽でいいので問題ないのですが、その後が大変です。まず孵化水槽が必要です。小型で良いですがエアレーションが必要です。

ゾエア水槽はエサとなる微生物の発生を待たなければいけないので何より先に準備しなければいけない見たいです。とりあえず昨日2リットルの汽水を用意しましたが全然足りない感じ。やっぱりメダカの孵化に使った水槽を復活させるか...

その後もこの水槽は「ゾエア→稚エビ→淡水化→そこそこのサイズ」までの生活の場となるのでやはり比較的ちゃんとしたものを用意したほうがいいかもしれません。ウィローモスが入っているので照明も必要ですし弱いながらもエアレーションも必要です。今余ってるエアポンプは安物で調整が出来ないので調整可能なものを用意する必要があるかもしれません。

ま、 こういったひと もいるので、あまり期待せずにやってみようと思います。

<< 追記 >>

「えびみち」のリンクの中にあった「パーポーえび日記」ですが、ものすごいボリュームです。とても仕事中には読めません。ボリュームありすぎて仕事中に読めない!って思ったのは「電車男」の生ログ以来です(要約は読みました)。

すごいなぁ、参考になるなぁ、とは思うものの、ここで手を出したらもう引き返せないのでは?という恐怖感もある。どうしたものか...

2005-10-18

これだから若い連中ってのは...

昨日大変愉快な会話を職場の後輩と交わしたので記しておこう。

後 「nsimaさん。nsimaさん。」
俺 「ん?何?」
後 「秀丸って、カーソルが太くなることがあるじゃないですか?」
俺 「え?どういうこと?」
後 「カーソルですよ。普段は細いのに、たまに太くなって四角くなるじゃないですか?」
俺 「ああ。こういうことね?」

キーボードをちょっと操作する。

editor_overwrite

後 「ああ、そうそうこれですこれ!こうなっちゃうと秀丸なんか変になっちゃいますよね?どうやったんですか?」
俺 「あぁ?変になる?どういうこと?どうやった?いや別に何もしてないけど。」

またキーボードをちょっと操作

editor_insert

後 「ああ、戻った!なにしたんですか?」
俺 「何って、別になにもしてないよ。」
後 「だってカーソルが元に戻ったじゃないですか?俺、元に戻せなくって困ってたんですよ。」

ここで私はピーンと来ました。

はは~ん。こいつはもしかしたら挿入モードと上書きモードの切り替えを知らないな?と

で、聞いてみると確かに知らないらしい。それどころか Home キーと End キーの使い方も知らないし、当然ながら ScrollLock キーや Pause/Break キーの使い方も知らない。

後 「だって俺、ず~っとノートパソコンだったんでそんなキー無かったんですよ。」

ウソつけ。Home や End はともかくとして普通 Ins キーは付いてるもんだ。
その後彼は、IBM-PCから連綿と連なるキーボードの変遷についての説明を私から聞かされたあと、数年来悩まされてきた「秀丸のカーソルが突然四角くなって調子が悪くなる」現象(「上書きモードになる」とも言う)とともに開放されたのでした。

ま、笑い話なんだけど、きっとこういう世代はふえてんだろうなぁと、ひとしきり感慨にふけってしまいました。

他にも Ctrl+Esc でウィンドウズキーを押したのと同じことが出来るとか、 Alt キーを押しながらテンキーで文字コードを入力すると文字コードに相当する文字が入力できる(ソフトによるけど)とか、Alt+スペースバーでウィンドウのメニューが出せるとか、Ctrl+Shift+f10で右側のウィンドウズキーとCtrlキーの間にあるキー(プロパティキーといいます)と同じ役割(すなわち右ボタンメニュー)を果たせるとかいろいろあるんだけど教えてやんない。

だいたい、Ctrl+X,C,V のクリップボード操作もなんかやだ。従来どおり Shift+Delete , Ctrl+Insert , Shift+Insert でいいじゃん。なんでそんなハードとOSを独占製造した上に音楽産業や映画産業まで牛耳ろうとしている腹黒会社の作ったパソコンのマネをしなきゃいけないんだろうか?

2005-10-17

ミステリーサークル

ちょっと前、深夜にどうしても眠れないので手持ちのDVDを見ていた。

メルギブソン主演の「サイン」という映画で、(もうかまわないでしょ?)エイリアンが人間を狩りに来るお話だ。

ミステリーサークルが侵略ポイントの目印になっているという設定。

メルギブソンは妻の悲劇的な死に際し信仰を見失ってしまった神父の役どころで、エイリアンから家族を守る過程で信仰を取り戻すという、非常に判りやすいプロットになっている。

いまでは、ミステリーサークルなんてヒマな奴のイタズラだと思われているが、こんなの(下記)を見せられると、あながち「エイリアンが侵略してこようとしている」ってのは嘘じゃないかもなんて思ってしまう。

こんなの

2005-10-16

名言

数日まえから娘が風邪をひいている。

熱もあるし、咳もしてる。具合が悪いのだが、食欲は一向に減らない。

もりもり食べて、おかわりを要求する娘に「具合が悪いのに良く食べるね」と言ったら、

病気だけど食べ盛り♪」だって。

けだし名言。

ちなみにもう元気です。

2005-10-14

新しいiPodが出た。

詳しくは ココ をみてちょ。

←「みなさんのブログ」の「超音速備忘録」で知ったのだが、2chの次世代iPodを予想するスレで、全面液晶iPodをまことしやかに予想した奴がいたそうだ。それはそれでありそうだったのでいいのだが、すっかり自分の中の期待度が「全面液晶iPod」に引き上げられてしまったので、ちょっとがっくりきた。

ビデオ再生できるようになっただけかよ。って感じ。

でも、ビデオが再生できるようになったってのは大きいので良しとしよう。いままでのと違ってだいぶ「欲しい感」が強いのは確かだ。

ちょっと前にも書いたが、つや消しのを出してくれればいいのになぁ。あと小出しにせずにriver見たいにラジオ機能とかボイスレコーディング機能とか内蔵しちゃえばいいのに。ビデオ再生できんだからテレビ機能か?

2005-10-13

UNIQLOでフリースを試着して詠める

       
      
      
     
     
    
    
     
      
       

し、しまった...

だ~~~~~いぶ前から、買う買うと言っていた会社自転車だが、状況に進展があったので報告しておこう。

実は今週、買いに行くつもりだった。週明け(火曜)から自転車屋さんに連絡して在庫の確認&確保をお願いしていたのだ。

だが、時期が悪かった。

去年はシマノパーツの不足のため2005年モデルは実際に2005年になるまで手に入らなかったのだが、今年はそんなことは無いみたいで2006年モデルは10月末くらいから入り始めるらしい。

そのため自転車屋さんは極力、2005年モデルの在庫を抱えないようにしていたため、どこを探してもお目当ての車種の在庫が無い。

で、結局今月末の2006年モデルの入荷を待つということにしたんだけど、いったん「これ」と決めたにもかかわらず買えないとなると、またいろいろ食指が動くもので、またまたどれにしようか迷っている。

ちょっと前に「ガノラーとして」なんて書いたのだが、ガノラーを名乗る以上(名乗る必要は無いのだが)、ルイガノ以外に乗るわけには行かない。しかも、既に自分用と子供用にLG-WHITE(白)を選んでいる以上、LG-WHITE以外の色という選択肢も無い。何より予算があまり多くないので車種はかな~り限定される。

当初候補に挙がっていたのは LGS-MV2 , LGS-FIVE , LGS-TR1 , LGS XC-CASPER , LGS-R2200 , LGS-RSR V4 だ。いや、まぁ値段と色とフレームの形だけで選んだんですけどね。

で、友人が乗ってるので TR1 は除外し、いまさらMTBじゃねーだろってことで CASPER も除外、予算を大幅にオーバーしているため R2200 も除外。小径車でないなら700Cじゃ無きゃヤだし、そもそもフロントサス不要ということで FIVE も除外。

結局残ったのは LGS-MV2LGS-RSR V4 なのだが、もともと買おうと決めていたのは MV2 で、会社周辺のポタ用だからというのがその理由。

しかし、やはり小径車は狙われやすいし、なにより車道を走りにくい。以前ならともかくもうすっかり車道を走ることに慣れでしまったし、なにより歩道をゆるゆる走るなんて考えられない。車道を走るという前提ならロードバイクがいいのだが、ドロップバーには手が出ない。しかし RSR V4 ならパーツは安いのを使ってるけど基本は押さえてあるから余裕があるときにパーツを交換していけるなぁなんて考えたり。なんとなく、ココロは RSR V4 に傾いている。

無理やりドロヨケや、カゴ(笑)をつけたら狙われにくくもなるし。ドロヨケは雨天でも移動しなきゃいけないときもあるかもしれないのでかなり重要度は高い。メーカー車にもドロヨケつけてくれるかな?>シクロサロンウエハラ(ちなみにカゴは これ が便利)

<< 追記 >>

ルイガノの2006年モデルをちょっとググってみると LGS-RAM という車種がラインナップされている。型番から見てランドナーだ。

これはこれでチョー魅力的。全体的に古臭いデザインなんだけど、いい雰囲気だ。ちょっと高いけど、これも候補にしておこう。( だったらR2200も残しておけよ>俺 )

死体を庭に埋める

久々のいきものネタですが...

数日前から調子がわるかったサクラが昨夜未明息を引き取りました。

相当苦しんだらしく苦悶の表情を浮かべていました。そのため普段は子供たちに「最後のお別れ」をさせているのですが今回はさせませんでした。

体が小さいからかどうかは不明ですが既に死後硬直が始まっており、死体を引き出すのにちょっと苦労しました。

今朝もまだ死体は硬いままでしたが、そのまま出かけるわけにも行かず、庭に穴を掘って埋めました。

あ、そうそう。サクラってのはうちで飼ってるスナネズミです。

今年に入って1月2月に一匹ずつ死んだので、4匹居たスナネズミもあと一匹、クロだけになってしまいました。

2005-10-12

だれかジョブスに教えてやってくれ

日本では手鏡を持っている男は逮捕されるのだと。(社会的地位が高い人だけかもしれませんが...)

なので鏡状のものを出来るだけ持ちたくないのだと(私自身の社会的地位はとても低いので心配する必要はないかもしれませんが)。

だからiPodをいぶし銀仕上げやヘアライン仕上げにしたら売り上げがもっと上がるぞ、と(一台だけかもしれまんが...)。


首都高バトル

「首都高バトル」というPS2のゲームがありますが、妻は競争とかあんあまり興味が無いので「首都高はしる」ならやって見たいそうです。

おそらく、勝敗に関係なく、スピードを競うでもなく、ただ、首都高をドライブするだけのゲームだと思われます。

私もそういうのはアリだと思います。

できればウチの近所まで中央道もシミュレーションしてもらいたいです。

2005-10-09

「苺ましまろ」(1)~(4)読了

先週の木曜の深夜。なんとなく寝付かれないのでゲームをやっていたのだが、飽きたので、漫然とTVをザッピングしていてあるアニメ番組に目がとまった。

ichigomashimaro1ichigomashimaro2ichigomashimaro3ichigomashimaro4

「苺ましまろ」というアニメだった。

最初、良くある美少女変身モノかな?なんて思ってみてたのだが、何も起こらない。ぬる~い感じで少女たちの日常が描かれていく。もちろん「ごくフツー」というわけでなく、みんなちょっとズレている。

ちょっと「オヤジ」だったり、ちょっと「ケレン」が多かったり、ちょっと「天然」だったり、ちょっと「変なガイジン」だったり。一番フツーっぽいのはちょっと「オヤジ」な女子高生の妹だが、そんな状況になじんでる時点でちょっと「フツーじゃない」のかも。

ただ、事件もおきずただただぬる~く話は進む。やがて終わる。

それだけなんだけど、なんかハマっちゃった感じ。この感じは「ハレぐぅ」以来か。

とりあえず放送が第何話目かはわからなかったのだが、ググると、DVDが出ているらしい。しかし、それぞれ2話入っていて税込み\5,250である。買えるかそんなもん。

ichigomashimarodvd1ichigomashimarodvd2

というわけで、コミックを買ってみた。妻は何が面白いのかわからないというが、このぬるさがいいんだけどなぁ。別に美少女だからとか、萌え~とかはないんだけどね。

TV放送はTBSで毎週木曜25:55から(ホームページ)。

で、来週からは録画しようと思ってEPGでさがしたら、来週が最終回でした。orz

GBA「パンプキンキング」完了

ゲームボーイミクロとほぼ同時に購入したゲーム「ティムバートン ナイトメアー ビフォア クリスマス パンプキンキング」だが、購入一ヶ月を目前になんとかクリアした。

nmbcpk

途中息子にセーブデータを破棄されるなど紆余曲折はあったものの何とか最後までたどり着いた。

最終面のブギーは非常に手ごわいものの、パターンが読めるようになると以外に簡単。スパイシーボトルを使わなくてもLIFE半分ほどでクリヤーできる。

いったんクリヤーしたが、ひろいものをコンプリートしていなかったので、コンプリートを目指して墓場に戻った。なんとかひろいものもコンプリートしたものの、もういっかいブギーを倒しに行くかどうかはまだ決めてない。

2005-10-04

娘へ

マリオパーティはゲームキューブ専用です。
ゲームボーイミクロでは遊べません。

マリオパーティ4マリオパーティ5マリオパーティ6マリオパーティ7(仮)

でもこんなのもありました。

マリオパーティアドバンス

でも、どうだろ?一人でやるパーティゲームって寂しくないか?

<< 同日追記 >>

家に帰ったら「マリオパーティアドバンス」がありました。友達と交換して借りてるそうです。寂しくないようです。

償い

2001年四月、三軒茶屋で銀行員の男性が殴られて死亡するという事件がおきた。

2002年二月、事件の被告に対する判決が出たのだが、反省の色を見せない被告二名に対し裁判長がさだまさしの「償い」を引用し反省を促した。

というのを先日知ったので、一応若い頃はさだファンだったので早速amazonで購入して聞いてみた。

yumenowadati

はっきり言って「キ」ますね。この歌は。

最初、インターネットで歌詩だけ読んだのですが、その段階ですでにかなり「キ」ていたのですが、実際に聞いたときには泣いてしまいました。最近涙もろいのは確かなのですが。

この歌はさだまさしの歌としては、かなりデタラメな歌詩です。符割りも変です。でもそれがまた「ゆうちゃん」の朴訥さや純粋さを感じさせるようになっているのです。

なんかひさびさにさだまさしをちゃんと聞きました。いまさら全CDをそろえるとかは出来ないですけど、今後もちょくちょく聞いていきたいと思います。

ちなみに、先日妻に「amazonでさだのCD買っちゃった。ちょっと聞きたい曲があってさ。」と言ったら、即答で「償い?でしょ」って返って来ました。鋭すぎるぞ>妻。三年以上も前(裁判ね)のことなのに。

2005-10-03

「死人を恋う」読了

だ~いぶ前に読み終わっていたんだけど書くの忘れてた。

死人を恋う/大石圭大石の作品を読みすぎたのだろうか?いまいち楽しめなかった。

ま、パターンといえばパターンなんだけどね。生きている人間がダメなヒッキーの話。ストーリー展開としては湘南人肉医のリメイクって感じ。でも湘南…ほどのインパクトは無い。

どうも湘南…以降話がつまらなくなっているような気がしてならない。多分「呪怨」がアカンかったんだろうなぁ。アレで大石のスタイルが崩れてしまったんではないかと思う。

で、私が思う大石のスタイルってなんだろうとふと考えてみたんだけど(「履き忘れたもう片方の靴」、「いつかあなたは森に眠る」、「出生率0(ゼロ)」は未読なので偉そうなことは言えないのだが)、「正義」では無いかと思うわけです。

ホラーっていうのはちょっとカテゴリーが違う気がするんだけど、そのなんかこうドロドログログロした中でキリっと一本正義が際立っていたのでは無いかと思うわけなんですが、最近の作品からはそれが感じられないということでは無いでしょうか?回りくどい?

次に買う大石の作品がつまらなかったらもう買わなくなっちゃうかも。

ガノラーとして

許すまじ、自転車泥棒。

ルイガノ/LGS-XC BART PRO
所沢の自宅から盗まれたそうです。見つけたら教えてあげましょう。

ホンダとカワサキと 思ったこと/自転車が盗まれました

blogには書いてないけどたぶん2004年モデル。2005年モデル以降はタイヤは黒になっているし、サスのカバー(っていうのかどうかしらないけど、ゴムの蛇腹ね)も無い。

我が家では自宅に置いてるときは施錠してないのでヒトゴトじゃなかったりして。

2005-10-02

スケボーを買う

スケボーを買った。

買ってもらったばかりのスケボーを手に夕日を背に立つ甥(2)「ついにスケボーにまで手をだしたか?」と思われる方もいらっしゃるやもしれませんが、違います。

甥(2)の誕生日プレゼントを2ヶ月以上先延ばしにして先日ようやく納品したという次第です。

スケボーなんてトイザラスやホームセンターに行けば三千円くらいから買えるし、ま、ちゃんとしたとこで買っても入門用なら一万円くらいかな?と思って聖蹟桜ヶ丘のムラサキスポーツに行った。

たしかにすでに完成しているボードなら八千円くらいからある。でもタイヤ(ホイールというらしい)をまわしてみると値段の高い奴とそうじゃない奴では歴然と違うのがわかる。シロートでもわかるんだから相当違うんだろう。

で、店員を捕まえて聞いてみると、やはり良いものはよいお値段がするということらしい。自分であそぶんなら「まず最初は安いので」って考えるんだけど、自分のじゃないし、誕生日プレゼントだし、っていうことで甥(2)に選ばせることにした。

結局お店でパーツを選んで組むことになり、総額三万くらいになった。仕組みもわかったし、初期指導(お店の裏で乗り方、止まり方を教えてくれる)も結構やってくれたので良かったかも。

で、見てるとだんだん面白そうに見えてきて思わず... スケボーじゃないんだけどサーフスケートってやつが...

「となりまち戦争」読了

となり町戦争/三崎亜記三崎亜記のデビュー作らしい。

なぜか突然となりまちと戦争することになりその戦争に巻き込まれていく男の話だ。

実際に戦闘の描写は一切無く戦死者数のレポートによってのみ戦争が語られる。途中出会う人が戦死したりするが、やはり実感は無い。やがて戦争は予定調和の中終了し元通りの生活が戻ってくる。微妙に元には戻らないのだが...

この小説のモチーフは湾岸戦争ではないかと思う。実際には日本は戦争に巻き込まれていないが自衛隊の派兵という形で戦争には参加している。しかし、その報道を日本で見ている国民には戦争の実感は無い。そしていつの間にか戦争は終わり元通りの生活が戻ってくる。微妙に元にには戻ってないのだが。

小説の中には内戦のあった国で戦争を経験している上司が出てくる。この上司はおそらくとなりまちとの戦争でも活躍したらしい。会社の中では昼行灯のような存在らしいのだが。この設定が暗喩しているのはアメリカとの関係ではないだろうか?アメリカそのものではなくアメリカとの関係ね。

安保条約の下、ながらくぬるい関係を続けてきた日本とアメリカだが、湾岸戦争を機に戦争で国威を強めることができることを知ったアメリカは積極的に戦争を仕掛けるようになってきた。こんなふうになってしまったアメリカとの関係は今後どうするべきなのか?

なんてね。

そんな風にも読める。ということで。

作者にそんな意図があったかどうかはともかくとして。

« 2005年9月 | トップページ | 2005年11月 »

最近のトラックバック

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28