無料ブログはココログ

« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »

2005-05-30

最近気になること

Berryz工房のメンバーの名前が覚えられません。orz


2005-05-26

郷土めぐり

見よ!このヒキの強さ。

郷土めぐり/沖縄(シークレット)/リーメント

これで、今年の運を使い切ってしまっていないことを祈る。

<< 補足説明 >>

で、なぜ、カテゴリーが「アイロンビーズ」かというと、写真の中の一人が、アイロンビーズ界イチのコスプレ娘「ましろん」であるからでした。

ちなみに「郷土めぐり」とは リーメントのこれ のことである!!

2005-05-24

麦畑

家の近所にこじんまりとした麦畑がある。

先日、妻が撮影した写真を見て、私もとりにいきたいなぁと思っていたのだが、ちょうど良い具合に体調を崩したので撮ってきた(麦畑は家といきつけ医のあいだにある)。

2005-05-23

ハリーポッター

「ハリーポッター」をご存知ですか?

ハリーポッター(6)もうじき英語圏では第6弾「Harry Potter and the Half-Blood Prince」が発売されるようです。楽しみですね?

さて、いままでのハリーポッターシリーズの日本語訳のタイトルはすべて「ハリーポッターと××××」のような形式になっています。

この第6弾もそうなるでしょう。

じゃ、この「Harry Potter and the Half-Blood Prince」がどのような名前になるのか、ググる前に考えてみましょう。(ググるとあっさり正解が見つかる可能性が高いので)

まず、「Harry Potter and」の部分は考えるまでもありません。「ハリーポッターと」になります。

問題は「the Half-Blood Prince」ですが、「the」は「Half-Blood Prince」にかかる定冠詞なので無視です。

「Prince」は「王子」でしょうか?「Half-Blood」は「混血」でしょうか?

じゃ、「ハリーポッターと混血の王子」?とてもつまらないですね。もう少し考えて見ましょう。

「Helf」な「Blood」なんだから「半分」な「血」なわけです。

つまり「半血」です。

つまり、「ハリーポッターと半血の王子」です。

なので「ハリーポッターとハンケツ王子」です。

これで決まりです。

映画化のさいには、シンエイ動画にも声をかけてあげてください。

ググる以前に Half-Blood の意味を調べたら「腹違い」の方が強いようですね。「混血」の意味も無くはないと思いますが。

で、ググったところ「混血のプリンス(仮)」「混血の王子」が多いようです。つまらないですね。もっと気の利いたサブタイトル考えろよ。出しゃ売れるからっていい気になってんじゃねーぞ。

内容ですが、まさか、ハリーポッターのお母さんが実は魔法界(っていうのかどうかは知らないが)の王様(?)の忘れ形見だったとかいう話じゃねーでしょうね。で、ハリーのあの力はその血筋のせいとかいう風な、血統主義みたいな話じゃねーでしょうね。

あ、作者のJKローリングって同い年だ。しかもたった10日違い。うわーなんだか急に親近感沸いてきちゃった。

てすてす

これは書き込みのテストです。

二回続けて、書き込んだ内容が失われた。(一回目は「確認」してブラウザを閉じちゃったかも知れないけど)

なのにテスト書き込みするとちゃんと反映される。

うまくできてるなぁ>ココログ

一度書いたネタは、まだ覚えていても、もう熱意を失っているので、二度と書く気がしないので、二度と日の目を見ることがない。たとえばこのカテゴリー「どうでもいいこと」は「電車の中で『REMちん』にそっくりなおばさんを見た」という極少数の人たち(人非人含)にしかわからないことについて書くために作ったカテゴリーだが、今後、このblog内でそのことについて書かれることは無い。

2005-05-13

記憶力がなくなっていく...

電車のなかで この講演 の広告を見た。

広告の中で使われている言葉の中に D-DAY があった。

「そうそう、ディーデイ。昔ボードゲームが流行ったときはデデイとか言ってたなぁ」なんて思い出しながら、「え~っと、D-DAYって何の日だっけ?たしか、第二次世界大戦で連合軍がフランスのなんとかっていう海岸に上陸した日だ。で、なんて海岸だっけ?」

続きを読む "記憶力がなくなっていく..." »

2005-05-12

脳内ハドロテ

おいら~う~ちゅう~~の~おいら~う~ちゅう~の~おいらうちゅうのぱいろっとぃ

妖星ゴラス 」の主題歌「俺ら宇宙のパイロット」。先日「日本映画専門チャンネル」でやってたのを録画したのをDVDに焼いたのを見て以来、耳から離れない。

っていうか、あんなおバカな奴らに地球の運命を託していいのか?いや結局役には立たなかったけどね。

っていうか、仕事しろよ>俺。明日納期だろ?

アイロンビーズでロボット

そういえば、GW中にアイロンビーズでロボットを作ったのでした。

アイロンビーズロボット「はねずきん」(前)
前からみたところ
アイロンビーズロボット「はねずきん」(後)
後ろから見たところ

blueprint←おおむね息子の設計図(!)に従って作ったのだが、とっかかりから完成まで大体一週間くらいかかった。

やはり、関節が動かせるように作るのは難しい。

脚とか腕とか首とか動かしてるムービーはこちら(mpeg1約9.2MB)

と、眠いので今日はここまで。おいおい設計図とか関節を動かしてるムービーとかアップします。

2005-05-11

最近買った本の中から

まずはこれ。

思いつき大百科事典/100%ORANGE編先日、アイロンビーズつながりで、あるクリエーターの家に遊びに(?)行ったときに見せてもらった本。その場では全員で「おいおい、それはありかよ!」みたいなノリで絵につっこみまくりでした。

著者の 100%ORANGE については、やはりアイロンビーズつながりの友人 MASHIRO★ の某SNSの日記で聞き及んではいたものの、挿絵くらいでしか見たことがなくて、それほど気には留めていなかったんだけど、これほどのボリュームで見せられると変に圧倒されてしまい思わず購入。娘と見て楽しもうと思っていたのだがある理由で頓挫中。ストレスがたまっている人にお勧め。

そういえば、ココログにも100%ORANGEのテンプレート(ココログユーザOnlyかも)がありましたね。

次はこれ。

みんな大好き、チュッ!(7)Hello!project 2005 かおりんの卒コンであったHelloProject2005Winter前後のセルフ写真+セルフ落書きで構成された写真集(?)である。なので、かおりんも矢口も石川もちゃんとモーニング娘。しててちょっと泣けます。(嘘)

私は基本的にハロプロの楽曲が好きなので、ほとんど写真集とかは買わないのですが、こういった楽しい感じのは大好きなので思わず購入。でも、やっぱ際立っているのはBerryz工房だろうか。

そして最後はこれ。

タモリのTOKYO坂道美学入門 タイトル買いです。道とか坂とか壁とかトマソンとか大好きなので思わず購入。タモリはあんまり関係ないですね。

で、どうも、この手の本に弱いんだよね。以前にもこんな本買ってるし。

手みやげと違って「坂道」は今の自転車趣味ともマッチして、とってもいい感じ。会社の置き自転車がもう少し良い自転車ならいろんなとこ行けるのにな。ちなみにあえて紹介はしないけど一緒にこんなのも買ってます。

なんか最近地図や地図に関連したものを買うことが多いなぁ。紙の地図、地図ソフト、地図サービスとか含めて年間に2万くらいは使ってると思う。もともと地図とは因縁があったりするわけだけどね。こんなのとかこんなのとか。

ちなみに「トマソントーキョー」の主催者(?)や、さらにその母体(?)であるところの東京福袋の主催者とは10年来の<知り合い>。当時は<友人>だったと思うがもうずいぶん親交がないのでいいとこ知人であろうと思われる。元気でやってるようでなにより。

ということで今回はこのあたりで。ぴんちょろすぽーん

2005-05-10

無題

尼崎の事故関連について書きたいことはいっぱいあるんだけど、収拾がつかなくなるような気がするのでとりあえず何も書かないことにした。

« 2005年4月 | トップページ | 2005年6月 »

最近のトラックバック

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28