無料ブログはココログ

« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »

2005-04-25

オトナ買い

妻のデジカメが壊れた。原因は不明(笑)なのだが、レンズが収納されない。で、修理に出すことにした。

そのデジカメはビックカメラ新宿西口店で購入したのだが、妻が問い合わせたところ「持ってきてください」とのこと。で、土曜に持っていくことにした。

いろいろ紆余曲折はあったのだが、妻と私と息子はビックカメラへ向かった。娘は従妹の家にお泊りで遊びに行っていた。

まず、デジカメを修理に出す。

で、最近は家族そろって(娘はいないけど)新宿に来ることなんてあまりないので、買い物をすることにした。

最初はHDDレコーダ(笑)。我が家ではTOSHIBAのHDDレコーダが導入済みなので、操作方法が似ているだろうと言うことで今回もTOSHIBA製に。RD-XS46かRD-XS36かで迷ったのだが、息子に「どっちがいい?」って聞いたらRD-XS46を選んだ。250G。Ω高い。

このHDDレコーダが今後メインになり、今使っているのはリビングのTVのタイムシフト用になる予定。でもその前に修理に出したい(DVD-RAMが全然使えないため)。

次は、最近妻が非常に良く使うようになったFAX。実は、我が家には電話が二回線あって既にFAXは導入済みなのだが、そのFAXは同居している妻のご両親の所有ということになっているため、我が家にも導入しようということになったわけだ。設置場所もリビングと自室からは離れているため、取り回しも面倒だった。購入対象機種は予め妻が選んでいたKX-PW503DL。現場で他の機種を見て値段とか機能とかで若干迷ったものの、結局省スペース性でまさるKX-PW503DLを予定通りに購入。

そしてさらに、妻が仕事で使うICレコーダ。私は最初、カタログスペックでSANYOのICR-S300RMを推していたのだが、現場でOLYMPUSのDS-20に目移りして、結局DS-20を買ってしまった。

帰ってからちょっと使ってみたけどICレコーダって面白い。自分用にも一個欲しくなった。とはいえ、普段mp3プレイヤーとICレコーダを両方持ち歩くのも面倒なので、mp3プレーヤー機能内蔵が好ましい。たとえば、これ。ただ、一度ちゃんとしたICレコーダの音を聞いちゃうと「おまけとしての録音機能」に満足できるかどうか微妙なところ。なのでこれなんかもいいかも(こっちはラインナップとしてはICレコーダとしてのリリース)。「iPod+iTalk」のような選択肢もあるかも知れないけど、いまさらiPodは恥ずかしくて買えないしね。iTalk付けたらかっこ悪いし。

最後は、すっかり不調になった私のデジカメの買い替えに。デジカメは欲しいのがいくつもあったのだが、以前から欲しかったDMC-FZ20をサクっと購入。ただ、黒は在庫が無くて、シルバーになった。まぁ以前からウチのカメラはシルバーが基本だったので問題なしです。決め手はコンバージョンレンズの豊富さ。ビバ・レイノックス!でも今回は急いでいたためコンバージョンレンズは買い忘れてしまいました。来月ワイドコンバージョン(と余裕があればマクロレンズ)を買うつもり。やっぱ、空は大きく撮れなくちゃ。あと、ネズミとか魚とか虫とか撮りたいし。

そして我々は意気揚揚と帰路についたのです。


いや~オトナって素晴らしい。

カメラ修理に出して、カメラ買って帰ってくるなんて...あ~俺って成長したなぁ。って思う瞬間。

夜、従妹の家から帰ってきた娘は見慣れないものが一杯あって面食らっていた。

<< 紆余曲折 >>

この日、妻は別件で一足先に外出していた。息子は幼稚園に行き、帰ってきてタッチ&ゴーで新宿に向けて出発。最近はやりのコミュニティバスと中央線を利用して新宿に向かった。

面白かったのが、普段はとても激しく私に反目する息子が非常に良い子だったこと。たまにおしゃべりが止まらなくってうるさいときはあったけど別段ギャーギャー騒ぐでもなく、言うことも聞くし、ちゃんと手もつなぐ。なんだ、やればできるじゃんか。でも、妻と落ち合ったあとは妻にべったり。いつも通り。

昼飯を食わずに新宿に向かったので、妻と落ち合ったあと、ビックカメラに向かう前に腹ごしらえということで小田急新宿店のレストラン街に。一通り見たあと、息子がチャーハンを食べたいというので12Fの「老麺亭」に入った。

私は「醤油野菜ラーメン」「チャーシュー冷菜盛り合わせ」「チャーシューご飯」を選択(喰いすぎ?)。チャーシューご飯(チャーシュー、ネギ、ご飯)と、醤油ラーメンのスープの組み合わせは絶品。久しぶりのザーサイも美味かった。

息子と娘には小田急ハルク2F(2F~6Fがビックカメラ)のグランパパで合計700円ほどのおもちゃを購入。

考え様によってはヒドイ親かも(笑)

2005-04-20

ありゃりゃ

アイロンビーズでダースペイダーが作れないかな?って考えていたら昼休みが終わってしまいました。

っていうか、私のデジカメ。もうだめです。

それから「ダースペイダー」の綴りがわかりませんでした。もう30年くらい(?)の付き合いなのにね。

コーホー(これはウォーズマンか...)


2005-04-19

チョモランマ

「チョモランマ 旗 立てて」でググってみてもたいしたものはヒットしない。検索ワードをひらがなにしてみても似たようなもんだ。

でも、私の記憶の中には以下のような歌がある


♪ちょもらんま~
♪ちょもらんま~
♪ちょもらんま~のてっぺんに、
♪は~た た~てて~

だれかこの歌の続きを知りませんか?というかそもそも何の歌なんだろう?タイトルも不明。


え~か?えぇのんか?

ライブドアvsフジテレビはとりあえずの決着を見たようだ。

個人的にはライブドアの圧勝だと思うのだが、どうだろうか?

さて、以前「キラーコンテンツは何?」で、ライブドアvsニッポン放送問題の行く末を予想したわけだが、思いのほか当たっていてびっくり。みたいな。株の売却先がニッポン放送からフジテレビになったわけだけど、結局フジテレビはニッポン放送を完全子会社化するわけだからまぁ同じようなもんだな。

で、私の予想のキモは「オールナイトニッポン」なのだが、業務提携の内容については発表されていないのでまだ未確定ってことだけど、これについてもかなり自信がある。

だってね、提携内容が発表されないっていうか、できないってことは、提携内容にフジテレビ以外のリソースが絡んでいるからだと受け取れるわけですよ。ライブドアとフジテレビの間の業務提携だから、フジテレビのコンテンツであればすぐに発表できそうなもんだもんね。

しかし、ニッポン放送のコンテンツが絡むとなると、発表はフジテレビが正式にニッポン放送を子会社化してからじゃなければできないはず。というわけ。フジテレビのコンテンツにしても、放送以外の販売に関してはポニーキャニオンが権利を持っているとするとやはり、正式にニッポン放送を子会社化してからじゃなければだめなのかも知れない。

しかも最近、なぜか「鶴光」の露出が増えている。関係は無いのかもしれないがいやがおうにもオールナイトニッポンを思い出させられてる人は多いはずだ。

多分6月の株主総会を睨んでの発表になるのではないかと思うのだが、はたして!

で、超無責任な予想として、「次のターゲットはテレビ朝日だ!」と言っておこう。理由は、「近くて楽だから」そして「地下通ってこっそり交渉できるから」だ!

2005-04-18

一生に一度の経験

今朝、通勤途中の京王線の中で貴重な体験をした。

状況としては通勤のピークを過ぎて、無茶苦茶込んでるわけじゃないけどそこそこ込んでる状態。

私の前には若い女性、後ろには外人の親子。

ここまでならたまにある状況ですが、この若い女性、非常に露出の多い服を着ています。胸元もきゅきゅーっと切れこんでいます。

でも、ここまでなら金曜の帰りの電車なんかでもたまーにある状況ですが、この若い女性、すっぴんです。化粧っけがまったくありません。もちろん「素顔に自信あり」な感じの人ならわからなくもないですが、悪いけどそれほどでもありません。眉なんて無いし。

でも、まぁ、ここまでなら年に一度くらいはある状況かもしれませんが、後ろの外人親子の女の子(5~6歳くらい)が泣いています。一番下の乳児でもなく、真中の2~3歳くらいの子でもなく、一番上の子が泣いているのです。

でも、まぁ、百歩譲って、ここまでなら3年に一度くらいはある状況かもしれませんが、後ろの外人親子のお母さんがおもむろに女の子のズボンを下ろして、パンツまで脱がせちゃったじゃないですか!

でも、まぁ、千歩譲って、こんなことも10年に一度くらいは経験するかもしれません。僕はその女の子はおもらしをしちゃったんだと思ったので、女の子の尊厳のために目をそらし気が付かないフリをしました。いくら5~6歳とはいえきっと恥ずかしいに違いないと思ったんです。と、僕のはす向かいにいたオバさんの目が大きくみひらかれました。オバさんはその親子を見ていたのだと思いますが、私も思わずそのオバさんの視線の先を見てしまいました。

なんと、外人親子のお母さんは紙おむつ(2~3歳の子用と思われる)をパンツをずりおろした女の子の股間にあてがい何かを促しています。

そう、その女の子はおしっこが我慢できなくなったのでした。そして車内で立ちションをしていたのです!!

目の前に胸もあらわな若い、しかし、すっぴんの、しかし、眉の無い女性。そしてその後ろでは外人親子、しかも女の子が立ちション。


こんな経験、もう私の人生に二度と無いと思います。

今日は...

ステムをちょい短いのに交換してみました。

ハンドルが近くなって乗りやすくなりましたが、ショップのお兄ちゃんからは「ちゃんとポジション出ししないとだめっすよ」と注意されてしまいました。

感覚的には漕ぎ出しがずいぶん楽になった感じで、いいんですけどね。

で、ポジション出しをしていないのは通販で買ったからです。安くていいんだけど、基本的に無保証。ショックだったのは偶然ショップに売約済みの同型番(サイズは違う)の自転車があってものすごくいい感じにアセンブルされていたこと。ショップのカスタムも入っているので当然定価よりも高くなっているんだけど、これなら後2万出してもこっちがよかったなぁ。

今乗ってる自転車が壊れるまでは新しいのなんて買えないけど、次に買うときにはちゃんとショップで買おうと思う。

以上。

「カブトムシの幼虫」のこと

もうすっかり忘れてしまいました。

でも、忘れてばかりもいられないので無理やり思い出してみようかと思います。

朝はたまごっち、昼は花見バーベキュー、帰ってから自転車洗いと盛りだくさんの一日でしたが、まだ続きがありました。

我が家では、スナネズミ、ハムスター、メダカ(ヒメダカ・稚魚・プラナリア含)、カブトムシの幼虫を飼っているわけですが、こいつらは放っておくと死んでしまいます。

スナネズミ、ハムスターは毎日のエサ・水やりは当然として、巣材が汚れてきたら交換してやらなければいけませんし、メダカも毎日のエサやりだけでなく、一週間に一度くらいは水の半量くらいを交換してやらなければいけません、結構手間がかかります。これらの脊椎動物に比べれば無脊椎動物、しかも幼虫であるカブトムシの幼虫の世話はとても楽です。

カブトムシの幼虫というか、最初は卵だったわけですが、適度に湿らせたクヌギマットに埋めておけば勝手に孵って勝手にでかくなります。マットが乾燥しないようにたまに霧吹きで湿らせてやるだけで数ヶ月放っておくとかなりでかくなります。幼虫がある程度大きくなったら別々の容器に移してやります。幼虫はマットを食べて糞をするので、しばらくしたらマットを交換してやります。

で、最後にマットを交換してからずいぶんたったのと、マットがかなり乾燥してきたのと、容器の中で音がしなくなった(幼虫とはいえ動くとカサカサ音がします)ので、幼虫の生死の確認も兼ねて一週間ほど前からマットの交換を予定していたのですが、なんかこう勢いのあるときにやらないとダラダラ引き延ばしちゃうような気がしたので、思い切ってやったわけです。

マットの交換の手順ですが、まず、床に新聞紙を広げます。まずその上であまっている大きめの虫ケースを置いてクヌギマットを湿らせます。我が家では3匹の幼虫を飼っていて、それぞれが2㍑の容器に入っているので6㍑分のマットを作ります。マットは高エネルギーな黒いのと通気性の良い荒めのを混合するのですが、まぁあんまり気にしなくて良いと思います。

実際には6㍑作ったわけですが、最初は4㍑くらいでいいかな?なんて思っていたわけですよ。だって、容器のひとつは底の方に何か生き物が腐ったようなものが貼り付いていて「あーこいつはだめだな」って思っていたし。でも、一縷の望みをかけて6㍑のマットをこねこね、まぜまぜしたわけです。

で、マットができたので、次はそれぞれの容器から幼虫を取り出して新しいマットに移し変える番です。

まず最初に例の「何か生き物が腐ったようなものが貼り付いている」容器から始めました。

容器をひっくり返してマットを掻き出します。上の方は乾燥しているのでバラバラって感じで落ちてくるのですが、突然「ぼてっ」って感じで黒いものが転がりだしてきました。後で妻に聞いたところ、どうやら私は「うおっ」っていう感じの声を出していたようです(妻は隣の部屋でアイロンがけ中でした)。

そう、カブトムシ。幼虫でもサナギでもないちょっと小ぶりだけど立派なオトナのオスのカブトムシが転がり出てきたのでした。もうおっどろいたのなんの。だってまだ4月のはじめですよ。普通、自然の状態だと梅雨明けくらいからじゃないですか?カブトムシが出てくるのって。私だって最悪腐ったドロドロのものを覚悟してはいましたし、もしかしたら元気かも?とも。ありえないと思うけどサナギになってるかもな?なんて淡い期待をしていたのですが。成虫は予想していませんでしたが、大きく(でも良い方に)裏切られました。

で、そのカブトムシを手に乗せて妻に見せにいったわけですが、妻も同様に驚いていました。(ちょっと引いていたかも)

掻き出したマットを丹念に調べてわかったことは、例の「腐ったようなもの」は幼虫としては最後の脱皮をしたときの皮だったらしいです。最後の脱皮の前の脱皮の皮は多分自分で食べてしまうのでしょうけど、最後の皮だけは食べれません。だってサナギになってしまうから。それが容器の底に貼りついて見えていたようです。

成虫になっているとなるともう、元(幼虫用)の容器に戻すわけには行かないので、とりあえず空になった元の容器に放り込んで残りの二つを確認していきます。ほぼ同じ状況で飼っているので、成長の度合いはそれほど違わないはずです。今度は慎重にマットを崩して行きます。

結果、残りの二匹はまだサナギでした。一匹はオスで一匹はメスです。見たところマットの中に繭状の部屋を作ってその中に縦になって入っているので、この繭状の部屋のまま維持することにしました。サナギなのでもう追加の栄養分は要らないでしょうし、水分も乾燥しきらない程度にあればいいと思うので、それより何よりこの「繭状の部屋」を私が作るのは不可能であると結論付けました。

容器の中で湿らせられたマットは急遽成虫用として整備されることになりました。成虫になっているなんて予想していないので何の準備もしていなかったのですが、運良く(いや彼女たちにとっては運悪く)コクワガタのメスが入っていたムシケースは越冬に失敗した彼女たちの完全に乾燥した死骸を入れたまま死の世界になってたので、そこから産卵木や小枝、エサ台などを流用することができました。エサも去年のものが残っていたので(賞味期限があるのかも知れないけど)事なきを得ました。

ちょうど一週間経ちましたが、サナギはまだサナギのままです。カブトムシはもぐったまま出てきません。ちょっと寂しいです。

2005-04-15

矢口電撃脱退

あちこちのニュースになってるし、掲示板やブログでも取り上げられているんだろうけど、あえて取り上げる。

モーニング娘。のリーダー矢口真理が小栗旬との交際が発覚したとして電撃脱退した。(ハロープロジェクトの記事)

まぁ、第一印象としては「ひょえ~」でしたね。次に来たのが「なぜ今?」でした。
だってもうじき新しいシングル「大阪 恋の歌」が発売になって、それは石川梨華の卒業シングルになる予定だったのですから。

いや、もちろんこの曲が出ないと言ってるわけじゃなくって、石川の卒業がかすんじゃうじゃんってこと。

いままでの卒コンの流れだと、コンサートのラストで残留メンバー全員から卒業メンバーへ一人ずつ「思い」が語られ涙々のシーンとなるわけだが、石川の場合、自分自身は娘。を円満に卒業し今後はハロプロメンバーとして活動して行くわけだが、その陰で「オトナの理由」により、セレモニーも何も無く脱退していった矢口が居るとなると、ただ、単純に涙々というわけにも行くまい。

新曲も、いままでに、石黒彩が在籍中に妊娠とか、なっちが新曲発表直後に盗作発覚とか、アルバム発売直前にEEJUMPが解散(EEJUMPはハロプロじゃないけどね)とかあったあが、新曲発売直前のスキャンダルって無かったような気がするので、確実に出るとは言いがたい。

せっかくだから石川の卒業を延期して夏以降にしては?なんて思うけど、春コンは石川卒業メインで構成されているんだろうし、もうどうしたことでしょう?って感じ。

これで、今年始めに飯田圭織の卒業で全滅した一期に引き続き二期も全滅することになる。っていうことはこれで遂にラブマシーンを唄ったメンバーが全員居なくなったってことで、ラブマシーンジャケットの法則はどうなったんでしょうか?教えてえらい人

で、もともと一人(後藤)しか居なかった三期はとっくに全滅で石川が抜けると四期も吉澤だけになってしまいます。五・六期は全員残っているけど、やっぱいまいち求心力が無いっていうか...

時期リーダーは吉澤なんだけど、なんとなく吉澤ってリーダーって感じしないんだよね。でも吉澤さしおいて藤本ってわけにも行かないし、他のメンバーはどれもこれも子供だし。

もともと石川に惹かれて娘。のファンになったようなものなのでなんかこうシオドキ感も高まってきている気がする。これを機になんかハロプロ大編成替えがあってもおかしくないような気がする。

ああ、何書いてんだかだんだん訳わかんなくなってきた。取り急ぎってことで。仕事中だし。

書き忘れていたので追記

もう決まったことだろうし、本人も納得してるのかも知れないが、別に悪いことしてるわけじゃないし、矢口は小さいけどもう大人だし、大体親公認なんだし、なぜ脱退までしなけりゃいけないのか良くわからない。相当スゴイ写真を撮られたのか?

「テヘ、ばれちゃった。でも、これからも応援してね!」で、問題無いと思うのだが...

何かウラがあるのでは?と勘ぐってしまう...

2005-04-14

ねこ

黄金一味」をググっているときに見つけたブログ。

余計なお世話ですか?(トップはこちら)

左サイドバーの中ほどに居るネコがかわいい

自転車及び自転車洗いのこと

もう、ほとんど忘れかけてるといっても過言ではないんですけどね。

花見(バーベキュー)から帰ってくる途中からなんとなく気になってはいたんですが、帰ってきてよくよくみたら、やっぱり自転車が汚い。

う~ん。汚いっていうか埃っぽい。黒であるべきところが白茶けた感じがする。光沢があるはずなのになんかマットな感じ。

自転車を購入してからもう3ヶ月が経ったんだけど、仕事が異常に忙しくてあまり乗ってなかった。乗ってないので整備しない。整備しないので埃っぽくなっていくという連鎖反応を断ち切るために花見の前の日に洗車したばっかりなのに...やぱしダートを走り回って遊んだのが効いてるな。タイヤなんてまっちろだもん。

ということで、前日に引き続き洗車することにする。ただ、前日の洗車でこびりついた泥とかは洗いきったはずなので軽く洗うことにする。ついでに娘の自転車も一緒に洗った。

洗車にはノズルをつけたホースを使うのだが、調水というか水の出方を変えられるのがお勧め。私が良く使うポジションは「霧」、「シャワー」だ。他に「ジェット」とか「清流」とかあるんだけどほとんど使わない。

どんな風に使うのかというと、まず「霧」で全体を湿らせたあと、「シャワー」でざっと汚れを流す。その後台所用洗剤をバケツで泡立てて(このときは「ジェット」を使う)、スポンジに取った泡で軽くこすっていく。チェーンとかディレイラーとかにも泡をたらしていく。一通り泡まみれにしたら再び「シャワー」で泡を流して水をふき取って乾燥。

肝心なのは高圧の水流を使って変なところに水を入れちゃわないこと。私の自転車はそこそこ軽いのであらかた水をふき取ったら一回ひっくり返して変なところにたまった水を出すことにしている。基本的にはたまらないんだけどね。

で、乾燥したあとチェーン周りやブレーキ周辺に油を挿して完了。

本当はもっとちゃんとしたメンテナンスをすべきなのかも知れないが、一週間に一度やるのならこのくらいが面倒くさくなくていいと思う。

困るのは、あまった油や水をふき取ったりするウエスがいくらあっても足りないことだ。もちろん水をふき取るのは油で汚れる前だけどね。「~工務店」なんてタオルがあればいいのだが、そういうのはあらかた使い切ってしまった。もう買ってくるしかないのか?

やっぱきれいな自転車はいいなぁ。白にしてよかった。

とかなんとかしているうちにだんだん日も暮れてきた。晩御飯は普通に食べてあとは生き物の世話をして今日はおしまいのはずだったのだが、実はこのあとびっくりすることが!

「カブトムシの幼虫のこと」に続く...

2005-04-13

花見(バーベキュー)のこと

なんだかもう、忘れかけてるんですけどね。

たまごっちとストラップを買って一路野川公園へ、コースは甲州街道沿いから新小金井街道、人見街道を経て野川公園の南端(バーベキュー広場は南端にあるので)へ。約5Kmの道のりなのだが、家からトイザらスまでは約2.5Kmなのでこの時点ですでに7.5Km。私には別になんてこと無い距離なんだけど、娘が不平も言わずについてきているのにはちょっと感動した。大きくなったなぁ。もうじき8歳だもんなぁ...

炎の男公園に着くと早々に肉を焼き始める。今回は、嶋林家4人+妻の妹一家6人+妻の弟一家3人+妻の友人+妻の妹の友人+その娘+妻の母の総勢17人。0歳児をはじめとして子供が8人とはいえそんなにいたのか。ちょっとびっくり。肉はうまかった。

残念なのは風が強かったこと。火の調節が難しく(私はあまり関与してないけど)なかなか焼けなかったり、一瞬にして黒こげになったり大変だった。

たっぷり肉を食べて食後の腹ごなしに野川公園の南側部分を自転車で散策。入門用とは言え、さすがクロスカントリーモデルだけあってなかなか快適にダートを走る事ができた。買ってからサスペンションの良さを実感したのは初めてだったかもしれない。(途中で撮影した桜)

バーベキュー広場に戻って、再び少し肉を食べて、午後2時ころにはすでに帰り支度を始め、3時には帰宅してました。野川公園は娘とおじいちゃんの散歩(自転車だけど)コースなので、帰り道は娘の案内で。一箇所間違えたけど結構ややこしいコースをちゃんと覚えているのにちょっと感動。大きくなったなぁ。もう二年生だもんなぁ...

で、結局この日はトータル12.5Km以上を走破。

帰ってから気づいたのだが、自転車が埃だらけというか泥だらけ。当然洗車することに。

自転車及び自転車洗いのこと」に続く...

2005-04-12

「たまごっち」のこと

いま、小学生の間で「たまごっち」が熱い。(たまごっちオフィシャルサイト)

うちの娘は、こういうデジタル系のおもちゃには疎いのだが、さすがにみんな持ってると欲しくなるらしい。っていうか仲良しの友達と共通の話題が持てないのが辛いのかも。

で、とてもとてもとてもとても欲しくなったので、こないだの土曜日に買いに行ったのだが、これがもうぜんぜん売ってない。完全に売り切れなのだ。トイザらスに行っても、トイザらスの向かいのおもちゃ屋さんに行っても、伊勢丹のおもちゃ売り場に行っても、イトーヨーカドーのおもちゃ売り場に行っても売ってない。トイザらス以外では次回の入荷そのものが不明という状態で子供たちの間でのヒートアップぶりを実感した。

デパートやスーパーのおもちゃ売り場では、本来たまごっちを置いているはずの場所には「デカたまごっち」というたまごっちを巨大化させたようなものだけが売られている。回りにいる娘と同い年くらいの女の子のたまごっち所有率は75%くらいか?たまごっちを持ってる子の胸元(みんなストラップで首からかけている)を見る娘の視線が切ない。

トイザらスだけは、「明日」「80個」ほど入荷するということを教えてくれたので、「明日の朝10時、開店時には入荷しているということですね?」と念押しして、娘と「明日早起きして買いに行こう!」と約束した。

そして翌日。

約束どおり早起きして、娘と二人でam9:00に家を出発。am9:15にトイザらス到着。「開いてなかったらどうしようね?」と間抜けな会話をしていたら愕然。もう行列ができているではないか。あわてて最後尾に並ぶ。われわれの前には20組ほどの親子連れが。

80個入荷するとわかっているのでひとまず安心。

そして待つこと約40分。ついに念願のたまごっちをGet!。お一人様一個ということで、私と娘で一個ずつ。私のではなくて息子のなのだが。

これで、たまごっち本体は入手したわけだが、今の子供たちはたまごっちをネックストラップで首からかけて常に持ち歩いているので、当然ネックストラップも必要になる。が、ネックストラップが無い。店員に聞いても現在品切れ中ということだ。

そこで、ふと思い出したのが、近くの京王アートマンの携帯ストラップ売り場。たしかネックストラップもあったはずだ。しかも同じフロアにディズニーコーナーもあったのでもしかしたら?と思って行ってみたら...ビンゴ!見事探していた「ナイトメアビフォークリスマス」と「トイストーリー」のネックストラップをGet!

ついに入手したたまごっちとストラップ

この日はこのあと花見(バーベキュー)の予定なので、そのまま意気揚々と野川公園に向かった。

花見(バーベキュー)のこと」に続く...

あすなろ銀河

あすなろ銀河といえば、いわずと知れたソニンの最新曲である。

ソニンといえば、つんく♂プロデュースで、三人組ユニットEEJUMPとしてデビューするはずだったのだが、デビュー直前に一人抜け、二人でデビュー後も、ユウキ脱走やら不祥事やらで、結局ソロでやっていくことになったのだが、いきなりソロデビューがいきなり裸エプロンだったりしてファンじゃなくてもビックリ!で有名な不運系アイドルですが、皆さんご存知でしたか?

さて、その「あすなろ銀河」ですが、最新曲ではありますが、新曲ではありません。発売は一月です。(オフィシャルサイト)

ではなぜ、今頃取り上げるのかというと、オフィシャルサイトにもリンクがありますが、PVのフルバージョンを見たからなんですね。(ショウタイムのソニンロングインタビュー&PV視聴ページ)

最初に聞いたときは、「売れなさそうな曲だなぁ」と思ってさらっと流してしまったのですが、先日某SNSで「あすなろ銀河」のPVのフルバージョン視聴可能の情報を知り、観て、ちょっと感動しました。陳腐な筋書きのドラマなんですけど、曲とあいまってジーンとしました。

ぜひゴランください。

ちなみに「n brane theories」および「shimabayashi.com」は無条件にソニンを応援します(笑)

2005-04-11

忘れないうちに...

昨日[2005/04/10(日)]はもりだくさんの一日でした。

忘れないうちに項目だけ書いておこうと思います。

こんなとこかな?

いや~それにしてもカブトムシの幼虫には参った。

2005-04-09

桜通り

桜満開ですね。

妻が、近所の「桜通り」をデジカメでムービー撮影してきたので、編集してみました。

「桜通り」( WMV形式 sakurast.wmv 約10MB )
「桜通り」( MPEG2形式 sakurast.mpg 約14MB )
wmv形式が見れない人がいるそうなのでmpeg2形式もアップしてみましたが、それでも見れない人はコメントに書いてください。次はmpeg1ででもアップしてみます

2005-04-04

未確認飛行物体?

今日空を四角いものが飛んでいた。

ufoこんなの。

わかりにくいですよね?

手持ちのデジカメが2メガピクセルでズーム無しなもんでこんなんしかとれませんでした。

とりあえずトリミングしてない画像はこちら。
2005-04-04_15-25-52.JPG(426KB)

それから一応動画も撮ってみました。が、輪をかけて映像が汚いので良くわからないかもしれません。
2005-04-04_15-25-56.MPG(1.65MB)

撮影したのは 2004/04/04 15:25 頃です。画像では小さく見えますが、かなり距離があるのでおそらく100m四方以上の大きさなのではないでしょうか?多分東京湾上を飛んでいるのですが遠すぎて距離はわかりません。画像では黒く見えますが、肉眼では青っぽい背景に白い模様が見えました。一瞬ポカリスエットのCM?とかって思ったんですけどね。

なにかニュースになってないかな?と思って探してみたんですが、何も引っかかりませんね。あれが何か知ってる人は教えてください!!

2005-04-03

魅惑の××ハウス

新聞の広告を眺めていた妻が、面白い物件を見つけた。

魅惑の図面広告をスキャンして載せてもいいんだけど、一応著作物だということで掲載には問題があるかもしれないということで、広告を見ながら書き起して見た。

【物件概要】●所在/小金井市前原町3丁目●交通/JR中央線『武蔵小金井』駅徒歩8分●土地/173.46㎡●建物/未登記のため不明●構造/鉄骨造2階建●設備/公営水道・公共下水・都市ガス・東京電力●引渡/相談仲介

キャッチコピーは「 駅歩8分 小金井 前原町3丁目 中庭のある鉄骨造りの家 」だ。立地や面積は申し分ない。築年数は不明なものの鉄骨造ということもあって8545万円は妥当な価格設定だと思う。今後小金井駅の南口が再開発されたりすると最近では珍しく地価が上がるかもしれない。

と、まぁ、そんなことはどうでも良くって、私が魅惑されたのはその見取り図である。左上の画像をクリックして大きい画像を見ていただきたい。

決して私が間違って書き写したわけではなく、実際こんなのが広告に載っているのである。

なんと言っても圧巻は、「玄関の喪失」である。最近の家の見取り図にはかならず「玄関」があるし、通常「玄関ポーチ」もある。しかし、この家には「玄関」と呼ばれる箇所が無い。唯一外に向かって開かれたドアの先にあるのは「土間」。しかし、その土間にはトイレと風呂しかない。他の部屋とはつながってないのである。

それから階段も不思議な構造である。1階LDKから2階に向かう階段だが、その先にあるのは洋室とテラスのみのように見える。そして1階廊下から2階に伸びる階段はテラスに直結のように見える。この状態では2階の他の部屋へのアクセスが非常に悪い。2階のどの部屋に移動するにもテラスを通って窓から出入りすることになる。

ならば階段は途中で折り返しているのかも?と解釈してみると今度は別の部屋に到達不能になる。ま、折り返してると考えないと、15.5帖の洋室とその隣の洋室の壁の消失の説明が付かないのだが。しかし、この15.5帖の洋室の一角を区切って別の洋室にする必要はあるのか?

くれぐれも言っておきたいのは私の写しまつがいでは無いということだ。階段の矢印の向きもそのまま。

好意的に解釈すると、もともと大きな一世帯を二世帯住宅に改装したものだが、ちゃんとした図面が残っておらず、しかたなく不動産屋が物件をもとに書いて見たが、間違ってしまった。というもの。

ただ、どうやったら「土間」のようなものをミスできるのか不明ではあるが...

オープンハウスになっていれば見に行くのもやぶさかではなかったのだが、広告には「オープンハウスではありません」とデカデカと書いてあるし、「当物件のご内見を希望される方はご連絡ください」とは書いてあるのだが、買う気もアテも無いのに「ご内見」も失礼だと思うし。

だれか欲しい人がいたら「ご内見」してどんなものなのか報告してもらいたいものである。

お問い合わせは「三井のリハウス府中店」まで。

<< 追記 >>

妻が三井のリハウスのサイトでこの物件を見つけました。物件No.N2805904

載っている図面は私の書き起したものとは若干異なっています。私がベースにしたのは広告なのでその後手直ししたのかもしれません。異なっているとは言ってもワンダーさは全く失われていないので大丈夫です。特に2階の4.5帖洋室、出入り口がありません。唯一外界に通じる窓はテラスではなく吹き抜けに通じています。

« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »

最近のトラックバック

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28