無料ブログはココログ

« や~しのこか~げでっつか~まえてっ | トップページ | パニック(2) »

2004-10-25

パニック

長男のパニック状態を見た。

昨日、長女(7才)と長男(4才)とテレビを見ていた。長女は寒いというのでひざに乗せて毛布をかぶせていたのだが、長男は元気に遊んでいた。

長男は蛍光灯の紐にいろいろぶら下げて遊んでいたのだが、なにを思ったのかそれを私にぶつけようとした。
紐の途中にはゴム製のおもちゃのネックレス、先端にはLEDの懐中電灯がぶら下がっており、そのままの長さなら私に命中する予定だったのだと思うが、勢いが付いたせいでゴム部分が伸び、先端の懐中電灯は私のひざの上にいた長女の顔面にスマッシュヒットした。

最初、私は何が起こったのか解らなかったし、多分長女も解らなかったのだと思う。たっぷり5秒ほどたってから「ひ~ん」っていう感じで長女が泣き出した。見ると歯にちょっと血が付いている。一瞬歯が折れたのかと思ったが、良く見ると唇の内側が切れていて血が出ており、その血が付いただけだということが解った。

長女も泣いていたが、長男も泣いていた。「どうでもいいパパ」にぶつけるつもりだったのに「大好きなお姉ちゃん」に当たってしまったのである。ショックであろう。しかも自分のせいで「大好きなお姉ちゃん」が泣いていて、さらに叱られているのである。

「ごめんなさい」「ごめんなさい」と繰り返しながら泣いているのだが、どうもパニクっているようで挙動が変である。両手のひらを拝むように合わせて、クキクキ動かしながら、謝っている。なんか可笑しくって笑ってしまった。長女にも長男の挙動が変であることを教えると、見て思わず笑ってしまっていた。

傷がたいしたことが無かったので良かったが、歯が折れてたりしたらオオゴトになっていたと思う。
しかし、あんなに真剣に謝ってる長男を見たのは初めてである。ちゃんと悪いことをしたとわかってるんだなぁと思った。

« や~しのこか~げでっつか~まえてっ | トップページ | パニック(2) »

いきもの」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: パニック:

« や~しのこか~げでっつか~まえてっ | トップページ | パニック(2) »

最近のトラックバック

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31