無料ブログはココログ

« ふと気が付くと...(2) | トップページ | ライブカメラ復活 »

2004-10-01

「懐想の蒸気機関車」

先日完成したアイロンビーズ製蒸気機関車だが、最終的に参考にしたのはこの本だった。

「懐想の蒸気機関車」。タイトルがいいですね。出版された昭和45年の時点で既に「懐想」だったんだなぁと感慨しきりです。

この本は例の「機関車」の前の巨大バージョンの設計をしていたときに「インターネットにはいまいち良い機関車の資料が無い」というふうなことを食事の際に話していたら、カミさんのお父さんが「こんな本があるよ」と出してくれたもの。
たしかにそんじょそこらの機関車サイトよりもよほど詳しいし、読んでて面白いし、写真もかっこいい。機関車サイトの中にはこの本をネタ本として使っているところもあるくらいだ。

いつもどおり amazon で検索してみたが、見つからない。既に絶版になって久しいらしく古本市場にしか存在しないようだ。ちなみ手元ににあるこの本は初版本らしい。定価は1500円だが、古本市場では10000~15000円位で取引されているらしい。

結局は規模縮小して、ディテールも失われてしまいまったが、当初はこの本を参考に細部まで再現する予定で設計してたのでした。

« ふと気が付くと...(2) | トップページ | ライブカメラ復活 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

アイロンビーズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「懐想の蒸気機関車」:

« ふと気が付くと...(2) | トップページ | ライブカメラ復活 »

最近のトラックバック

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30