無料ブログはココログ

« 「家族」(ほぼ)完成 | トップページ | パンダとヒヨコ »

2004-10-13

「ノスフェラスへの道(グインサーガ第97巻)」読了

ギネスブックにも載っている個人によって書かれた世界最長の小説もついに97巻である。

guin97.jpg100巻まであと三巻になったわけなんだけど、それほど感慨深くないなぁ。単に最近のグインサーガが面白く感じられないからかも?

思い起こせば、グインサーガを読み始めたのは高校二年のときだった。物忘れの激しい私がなぜそんな些細なことをを覚えているかというと、親父の通夜の晩に、何もすることが無くて、自室でグインを読んでいた記憶があるからだ。
ってーことは既にグインを読み始めて22年にもなるということだ。こりわびっくり。確かに今年はグインサーガ25周年らしいので読み始めて22年というのはそれほどたいしたことではないのかも知れないが、一つのシリーズを飽きもせず読み続けているというのは凄いことだ。
あー「飽きもせず」ってのは語弊があるな。飽きてると思う。早く終わって欲しい気もするし、ずーーーーっと続いて欲しい気もする。フクザツな気持ちだ。

面白いのかと聞かれれば「1巻からずーっと読みつづけてれば面白いだろう」と答えるし、97巻だけ読んで面白いかと聞かれれば「面白くない」と答える。もはや惰性で読んでる感も否めないが惰性だけとも言い難い。

何にせよあと三巻。100巻で完結するのかしないのか?いったん終わってまた始まるのか?とりあえず100巻までは...

ちなみに、複数の作者によって書かれた世界最長小説は「ぺリー□ーダン」ですが、私は100巻ほどで挫けました。いま和訳で300巻ほど出てます。本国ドイツでは数年前に2000巻を突破したらしく、アトランシリーズも含めると3000巻近く出ているらしいので、生きているうちに最新刊を読みたい人はドイツ語を勉強しましょう。それでも生きているうちに完結するとは限りませんが...

« 「家族」(ほぼ)完成 | トップページ | パンダとヒヨコ »

読了」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「ノスフェラスへの道(グインサーガ第97巻)」読了:

« 「家族」(ほぼ)完成 | トップページ | パンダとヒヨコ »

最近のトラックバック

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30